スーパーゴールを決め、チームメイトから祝福されるカイセド(25番)。(C)Getty Images

写真拡大

 現地5月19日に開催されたプレミアリーグ最終節で、チェルシーはボーンマスとホームで対戦。2−1で接戦を制した。

 この試合で強烈な先制弾を奪ったのが、モイセス・カイセドだ。開始17分、ハーフウェーライン付近で相手のクリアボールを拾うと、迷わずにロングシュートを選択。ゴールまで約50メートルほど。放たれたボールは、弧を描いてネットに吸い込まれた。
【動画】カイセドの超ロングシュート弾!
 衝撃のスーパーショットに、SNS上では「ゴラッソすぎる」「スーパーゴール!」「最後に良いゴール見れたわ」「カイセドやば!」「なんやこりゃw」「とんでもないゴール」「えっぐい!」「すごいの決めてる」「夜中に叫んだ」などの声が上がった。

 今季にチェルシーに加入したエクアドル代表MFは、これが移籍後初ゴール。シーズンの最後にド派手な一発をぶち込んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部