「単独室は動物の部屋のようだった」スリランカ女性遺族が入管を訪問

ざっくり言うと

  • 名古屋出入国在留管理局の施設収容中に死亡した、スリランカ人の33歳女性
  • 遺族が17日、弁護士らに付き添われて同管理局を訪問した
  • 遺族は「単独室は小さくて動物の部屋のようだった」と報道陣に述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x