クローゼットからTバックが。夫の浮気調査をしてわかった衝撃の真実

 前回、夫の不倫の見つけ方・証拠の集め方について、VIVID女性探偵社・代表の北川舞子さんに話を聞きました。後編の今回は、北川さんが過去に調査依頼を受けた印象深い不倫調査についてさらにお話を聞いてみました。
◆不倫相手の女性の素顔が知りたい

 不倫相手の女性のことだけ調べてほしい、という調査依頼は受けているんでしょうか。

「不貞調査はいいから、不倫相手の女性のことだけ調べてほしいという依頼は多くきます。ただ、よほどの事情やプロがとった確実な証拠がない限り、相手の女性の調査だけをすることは弊社ではお断りしています。

 もしも、冤罪だった場合、相手女性に迷惑をかけますし、危害がおよぶ場合もあるからです。まずは夫の身辺調査をして、確実に不倫をしていることをつきとめてから、不倫相手の調査に入ります」(コメントは北川舞子さん、以下同)

 不倫相手ってどんなタイプの女性が多いんですか?

「芸能人の不倫騒動があると、美人な奥さんがいながらなんで?! という声もあがるかと思うんですけど、実際に不倫相手より奥様のほうが圧倒的に美人というパターンがものすごく多いです。これはお世辞抜きでそう思います。不倫相手の写真を見て『どう見ても奥さんのほうが美人!』としょっちゅう思います」

 奥様が美人と知って、優越感を感じている不倫相手もいそうですね。

「いると思いますよ。話を聞いてると、不倫相手の女性は、だいたい相手の家族構成を念入りに調べてますからね。たちが悪いと思います」

◆夫のクローゼットから出てきたTバック

 記憶に残った依頼エピソードがあれば教えてください。

「結婚して30年ほどたったという女性(Aさん)から依頼を受けたことがあります。Aさんは旦那さんとの間にお子様が一人いるのですが、旦那さんは立派なお仕事をされていて、家のことも子育てもよくする素敵な方でした。お話を聞くだけでも夫婦仲の良さも伝わってきました。

 ただ、お子様を妊娠してから夫婦関係は一度もなく、奥様もそのことに関して疑問を感じていたようで、他に女性がいるのではないかとご相談にいらっしゃいました」

 それは怪しいと思っちゃいますね。

「今までは証拠もなく、誰にも相談できなかったようなのですが、旦那さまのクローゼットの奥から、見たこともないTバックを見つけて、決心がついたそうです」

 30年でようやく証拠が出てきたんですね。

◆夫の秘密は墓場まで持っていくことに

「弊社で旦那さまの身辺調査をしたところ、旦那さまが女装をして知らない男性とホテルに入っていく写真がいくつか撮れました」

 なんとTバックは夫の女装用だったとは、予想の上をいく展開です。

「この事実を奥様にお伝えしたところ、奥様は『証拠写真を見ないで、しばらく考えたい』とおっしゃりました。そしてその後、奥様から『この秘密は、私一人で墓場まで持っていきます』と連絡がきたんです。夫婦の関係が壊れることはないから、今までどおり過ごすとおっしゃっていました。

奥様は、どうして肉体関係がないのだろうかとモヤモヤしていた部分が解消されて、スッキリしたとおっしゃっていました。やはり、自分が今後どうするか考えるためにも、事実を知る意味はあるのだなと思いました」

◆探偵に依頼する意味とは

 夫があやしいと思っても、探偵に調査をお願いするのはかなり勇気がいります。「その気持ちはよくわかります。ただ、調査後にどのような道を選ぶにしても、一度プロに相談するのは無駄ではないと思います。客観的で確実な証拠を私たちが集めますので、それをもとに、この後どうしたいのか・離婚するのか再構築するのかを冷静に考えてほしいです」