「しょうがない」は諦め コロナの危機感低下に臨床心理士が懸念

ざっくり言うと

  • 臨床心理士が新型コロナの感染防止に対する意識の低下を危惧した
  • 感染者の増加が続くと、もはや感染は仕方ないという心境になりうると指摘
  • 危機感が逆に下がることも想定されるとし、警鐘を鳴らしたいと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x