同情ムードも「児嶋だよ!」が救済措置に 証明されたフレーズの強度

ざっくり言うと

  • 児嶋一哉の「児嶋だよ!」は、急に場を和ませると筆者は語った
  • 相方の不祥事で同情される状況から、通常営業に戻すことが可能
  • フレーズとしての強度が証明されたのではないだろうかと綴った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x