東大教授が選んだ「おもしろい本」5つのジャンルから2冊ずつ

ざっくり言うと

  • 東大教授の本郷和人氏が様々なジャンルから「おもしろい本」を10冊選んだ
  • 「近現代」として、中学生のときに読んだという「無用者の系譜」を選出
  • ほかには、「ロゴスの市」「吾輩は猫である」「家康、江戸を建てる」など

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x