東出昌大

写真拡大

 芸能界きってのおしどり夫婦――と言われていた、杏(33)と東出昌大(31)だけに、東出の不倫報道に、ネット上には驚き、落胆、呆れ、批判の声があふれている。ところが不思議なことに、業界ではあまり話題になっていないという。なぜなら「あいつの女好きは昔から有名。しかも女優だけじゃないんだから……」とか――。

 ***

【写真】東出昌大が唐田えりかと「手つなぎ」する様子

 女優の唐田えりか(22)との不倫がバレ、妻の杏とは別居中――。「週刊文春」が報じた今回の報道は、“イクメン俳優”の仮面も剥がれた東出を非難、杏を応援する声ばかりだ。

《東出昌大のクズ不倫にガッカリ……》

《「杏に更生させられた」と感謝していた東出昌大がゲス不貞で“恩に仇”》

《杏ちゃん、絶対これからは幸せになってほしい》

 ところが、業界ではこれまで報じられなかったのが不思議なほど、東出の女好きは有名な話だったという。民放ディレクターは言う。

東出昌大

「彼の話は遅かれ早かれ、どこかが報じるだろうとは誰もが思っていましたよ。特にドラマ業界では東出の女好きは有名で、『杏ちゃんがいるのに、よく遊ぶなあ』とか、『杏ちゃんにバレたら、どうする気だろう』なんて言っていました。例えバレても絶対に離婚されない、とタカをくくっていたんでしょうね。杏ちゃんは、昨年夏の『偽装不倫』(日本テレビ)で、久々に連ドラの主演をしましたが、皮肉なことに夫の東出は、偽装どころか本物の不倫をしていたわけですから、さすがに彼女の堪忍袋の緒も切れたんでしょう」

 イクメンどころか、“共演者キラー”という別の顔があったことは、すでに報じられているが、

「確かに共演した女優に、片っ端から口説きモードで近づいていきました。でも、売れっ子の女優はあしらうのも上手いから、そう簡単には落ちません。彼女たちは不倫が報じられたときのデメリットも十分に理解しています。それまで築き上げたキャリアも、ファンも一気に失ってしまいますからね。ですから、人気女優たちの間では打ち上げや食事会などでも『東出には近付かないほうがいい』と言われていたほど。当然、マネージャーだって目を光らせていました」(同・民放ディレクター)

女性スタッフも口説く

 杏も共演者の1人だったわけだが……。

「モデル上がりで、芸能界にツテもない彼としては、この世界で成り上がるために、必死で彼女を口説いたんでしょうね。同じモデル出身で気も合ったのでしょうが、なにより父親は渡辺謙(60)ですから。彼女と結婚すれば、話題性は十分、脚光も浴びることができる。夫婦円満をアピールするために、子供も3人作った」(同・民放ディレクター)

 ひどい言われようだが……、

「ろくに演技の勉強をすることもなく、役者デビューした映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)がヒットし、日本アカデミー賞新人俳優賞やスポニチグランプリ新人賞まで獲ってしまった。まあ身長が189センチもあって、ハンサムですからね、注目はされましたけど」(同)

 デビュー当時は、こうも語っていた。

《モデル出身だと今後も言われるんでしょうが、役者は格好いいだけじゃやっていけない。早くそのイメージを吹っ切らなくちゃ》

「吹っ切れていませんね。でも、作品には恵まれた。NHKでは朝ドラ『あまちゃん』(13年前期)や杏と共演した『ごちそうさん』(13年後期)、大河『花燃ゆ』(15年)、『精霊の守り人』シリーズ(16〜18年)、民放でも『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ:18年)や現在放送中の『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』(テレビ朝日)など、途切れることなく出演しています」(同)

 東出といえば、上ずったような声の台詞は棒読みで、演技が上手いとは寡聞にして聞かない。それなのに、なぜ仕事が途切れなかったのか。義父の力添えがあったのだろうか。

「それはないでしょう。彼は女性スタッフにも手を出すことでも知られていました。女優と違って、素人があんな二枚目に口説かれたら、本気になってしまいますよ。だから、女性スタッフのウケがすこぶるいいんです。一度仕事をしたことのある女性のプロデューサーやアシスタントプロデューサーなどは、キャスティングの際に彼を猛プッシュしてくれるわけです。だから、ドラマや映画業界には、彼に口説かれた女性がいっぱいいるわけです」(同)

 港港に女がいる船乗りのようだ。

「考えようによっては、ものすごい営業能力かもしれません。男のスタッフは『あの積極性を演技に向けたら、もっと上手くなるのになあ』なんて言われていましたけど」(同)

 不倫によるダメージは避けられそうもない。

「視聴者のイメージ悪化はスポンサーに直結ですからね。なにより、これまで甘い囁きをされ、自分だけと思って密かに愛を育んできた業界の女性たちはどう思っているのでしょうか」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年1月27日 掲載