須之内美帆子さん(本人提供)

写真拡大

 かつて深夜のバラエティー番組は女性新人タレントの登竜門だった。TBS系の「ワンダフル」もそのひとつ。レギュラーリポーターは「ワンダフルガールズ(略してワンギャル)」と呼ばれて注目を浴びたものだ。今回登場の須之内美帆子さんは第2期メンバーで、グラビアモデルでも人気だった。さて今、どうしてる?

文春砲で“セクシー個室ヨガ”と書かれた庄司ゆうこさんは今

 ◇  ◇  ◇

「今年の2月下旬、マレーシアの首都クアラルンプールに転居しました。赤道に近いのですが、8月の最高気温は33度ほど。日本は連日、38度超えなんですって? こっちの方が断然、過ごしやすいですよ」

 新宿区内の所属事務所。受話器の向こうから、須之内さんの元気な声が聞こえてきた。マネジャー氏に近況を問い合わせたところ、「電話取材なら」とセッティングしてくれたのだ。

 なぜマレーシアに?

「一人娘が2月で3歳になったのを機に、教育環境を考えて決めました。マレーシアは公用語がマレー語で、準公用語は英語。華僑の方が多いので北京語を話す人たちも多く、子供たちはトリリンガルが一般的です。日本語も加えると4カ国語を話せるのは、ますますグローバル化が進むであろう、これからの社会にふさわしいと考えたのです」

 お嬢さんが通っているのはインターナショナルスクールで、在校生はアジアや欧米出身者が多く国際色豊か。おまけに1クラス12人に対し、専任保育士が4人も(!)いる。

「学力や習熟度に合わせ、得意分野をドンドン伸ばしていくモンテッソーリ教育法を指導方針にしているため、授業がとってもきめ細やかなんです。もちろん、日本にも同様の学校はたくさんありますが、費用を考えるとマレーシアの方が断然、安いですね」

 住居費も格安。クアラルンプール中心部から車で約20分の高層マンションエリアに借りた賃貸マンションは「3LDK、トイレ4カ所、バス2カ所付き160平方メートルで約14万円」なのだそうだ。

「それともうひとつ。私の夢は娘をプロゴルファーにすることですが、英才教育にピッタリなんです。一年を通して温暖ですから、いつでも奇麗なグリーンがあって集中して快適にトレーニングできる。もちろんリーズナブルですしね」

 須之内さん自身、趣味はゴルフ。「プロになれなくても社交術のひとつとして、ゴルフは大きな武器になる」と力を込める。

■シングルマザーになり、ネット通販会社を設立

 さて、1976年4月3日生まれの須之内さんは、高校卒業後の96年から、その美貌とスタイルの良さを買われてレースクイーンとして活躍。男性誌のグラビアにも引っ張りだこになり、98年10月にはTBS系の深夜バラエティー番組「ワンダフル」のワンダフルガールズに抜擢された。

「私、なぜかラブホテル取材が担当だったんですね。で、一番インパクトがあったのが名古屋。街の一角全部がラブホってところがあって、部屋もそれぞれ凝りに凝ったインテリアでビックリしました」

 02年には、田口トモロヲ主演のミステリー純愛映画「理髪店主のかなしみ」(廣木隆一監督)のヒロインに抜擢されたほか、ヒットシリーズ「木更津キャッツアイ」にも全作に出演。女優、タレント、モデルとして注目された。

 そして06年に一般男性と結婚したものの10年に離婚。その後は、六本木にガールズバー、麻布十番に小料理店をオープンして切り盛りした。

「両方とも大忙し。年商は合計1億円を超えましたから」

 だが、15年に妊娠したのを機に2店舗とも閉店。16年2月に女児を出産して「大人の事情」(須之内さん)でシングルマザーを選択するや、同年に育児をしながら経営できるインターネット通信販売会社を立ち上げた。

「最初、果物や野菜用のオーガニック洗剤を扱っていたのですが、今は海外で買い付けた洋服やファッション雑貨をメインに、『9Style』のブランドで販売しています。新商品を必ずご購入してくださる常連さまもいらっしゃって、少しずつ売り上げは伸びてますね」

 実店舗を持たないのも転居のハードルを下げた。ネット通販の強みでもある。

「マレーシアには、9年後の娘の中学進学時期までいるつもり。その時点で、帰国するか定住するか決めたいと思っています」

 “孟母三遷の教え”を地で行く須之内さん。ママは強し! だ。

(取材・文=高鍬真之)