長年、懸案になっていた在ソウル日本大使館の建て直しが7月から始まった。今から半世紀近く前の1970年に建てられた現在のものを壊し、新しい建物になる。完成は5年後の2020年の予定だ。すでに裏に隣接したビジネスビルに間借りし業務を始めているが、近年、反日デモの拠点として内外で話題の大使館前の“無許可慰安婦記念像”の行方が注目されている。

 像を勝手に建てた「挺対協(挺身隊問題対策協議会)」など反日団体は今後5年間、「日本」が見えない工事現場に向かって反日を叫び続けるのか。それともまた不法を承知で、ビジネスビルの前に像を移すのか。

 元慰安婦は韓国では今や反日愛国のシンボルとして“崇高な名士”に仕立てられている。日本大使館関係者たちは「この際、慰安婦像はいっそのこと光化門広場に移してはどうなの」と皮肉っている。

 古宮・景福宮前の光化門広場には中世、日本水軍を打ち破った李舜臣と、ハングル制定の世宗大王という愛国英雄の銅像がふたつドーンと建ち、観光名所になっている。“愛国英雄”として内外で活躍させられている元慰安婦も、この広場にこそふさわしいのではという皮肉だ。

 ところでソウル都心の日本大使館の近くには景福宮や韓国政府の総合庁舎、外務省、米国大使館などがある。景福宮の後ろには大統領官邸(青瓦台)もあるから、いわば韓国の国家機関が集まる韓国中枢部に位置していることになる。

 ただ、光化門広場に面し、大通りにあって総合庁舎や外務省の真向かいで韓国政府にニラミ(?)を利かしているような米大使館とは違って、日本大使館は裏通りにひっそり隠れて(?)いる。これは当初、大使館を建てる際、反日の標的になることを避けるためだった。正面の通りも往復2車線ぎりぎりと狭い。いざという時の警備を考えてのことだった。

 ところが韓国は「反日無罪」で日本に対しては何でもやり放題の国。「法治」より「放置国家」なため大使館は受難史が続いた。1974年、在日韓国人の狙撃事件で大統領夫人が死亡した際の反日では、デモ隊に乱入され日本国旗を引き摺り下ろされている。海外の外交機関の受難としては、後のペルーでの人質・占拠事件とともに最大級である。

 そして外国公館に対する侮辱・嫌悪施設として国際法違反にあたる慰安婦像と反日デモ・集会の長年の放置。これまで火炎瓶、糞尿、生卵、石、ペンキ、首を切った血だらけの鶏……あらゆるものが投げつけられ、小型トラックも突っ込んできた。

 旧日本大使館は5階建てでいわば旧式の雑居ビル風だった。周囲はガラス張りの高級・高層のビジネスビル群に囲まれ、ひときわみすぼらしい。ソウルにある日米中露の4大国の大使館の中では建物の規模、内容とも最小、最低だった。在韓日本人の間では以前から「韓国人は大きいモノにひれ伏す権威主義社会。大使館があんなにみすぼらしいから日本はバカにされ、反日デモにも襲われやすいのだ」と不満の声が強かった。この機微が分からない日本政府の怠慢は痛恨だった。

 やっと新しくなる日本大使館はそれでも6階建てだ。古宮近くで法的に高度制限があったからという。周りの高層ビルはその法ができる前の建築許可だったからいいのだとか。これも見ようによっては日本イジメみたいなものだ。

 5年後にできる周囲を高層ビルに囲まれた小さな6階建ての新・日本大使館が楽しみだ。相変わらず玄関前に慰安婦記念像はあるのだろうか。韓国社会の国際的常識と礼儀がどうなっているか。日本の外交力が試される。

■文/黒田勝弘(産経新聞ソウル駐在客員論説委員)

※SAPIO2015年10月号