終身雇用制度崩壊や副業解禁など、働く環境は大きく変化している。それでも「一度入社した会社には長く所属したい」と考える人も多いが、劣悪な環境や人間関係であったために短期間で退職したという声がキャリコネニュースに届いている。神奈川県の30代女性は、以前事務員で働いていた際、「教わることを教わらないまま独り立ちさせられそうになった」といい、わずか1か月で退職を決意した。一体何があったのか。(文:中島雄太)