静岡・函南町で住民らが反対している大規模太陽光発電所、「メガソーラー」計画をめぐり、24日、事業者の1つが「撤退」を決め た。他の関係事業者とも撤退に向けた交渉を行っていて「撤退への理解を得たい」と話している。

静岡・函南町で住民らが反対している大規模太陽光発電所、「メガソーラー」計画をめぐり、24日、事業者の1つが「撤退」を決め た。

函南町軽井沢のメガソーラー計画をめぐっては、開発地域で土砂災害の危険性があることなどから地域住民が反対している。

こうした中、事業者の1つである中部電力グループの「トーエネック」は、24日の取締役会でメガソーラー計画について、「現時点で事業実現の見通しが立っておらず事業環境が計画策定時より厳しくなった」として事業から撤退することを決定した。トーエネックは他の関係事業者とも撤退に向けた交渉を行っていて「撤退への理解を得たい」と話している。

一方、メガソーラー計画に反対してきた市民団体の代表は「ほかの事業者も撤退すべきで、トーエネックは理解を得るようするべき」とコメントしている。