大村知事

写真拡大

 愛知県大村秀章知事と名古屋市河村たかし市長がそれぞれ月刊誌「文芸春秋」に手記を寄稿し、誌上で非難の応酬を繰り広げている。

 大村氏は、4月の同市長選告示直前、同誌に河村氏を批判する手記を寄稿。河村氏はこれに反論するかたちで今月10日発売の同誌に手記を寄稿し、大村氏をうそつきだと非難した。

 大村氏は「私は河村たかし市長のうそを許さない」と題する寄稿で、「おそらく(河村氏が)企画・立案し、全面的に支援したリコール運動の『署名偽造事件』」などと指摘。一方の河村氏は「私こそ大村秀章愛知県知事の嘘を許さない」と題し、「不正の黒幕が私であるかのように印象づける悪質な印象操作だ」としている。

 大村氏は10日の記者会見で、「河村氏の主張は何の根拠もない」などと述べ、文芸春秋に抗議文を送る考えを明らかにした。