ダイハツは軽自動車をもっとも多くラインアップしている

 言わずもがな軽自動車が売れている。新型コロナウイルスによる新しい生活様式において、自家用車での移動を求めるニーズが高まったのに合わせ、コロナ禍といわれる厳しい状況ながら、登録車に対していち早く販売をプラスに転じさせたほど軽自動車の人気は高く、いまや新車販売の4割を占めるようになっている。

 ホンダN-BOX、スズキ・スペーシア、ダイハツ・タント、日産ルークスといったスーパーハイトワゴンといわれるスライドドアを持つ背高モデルが人気を集めているのも知られているだろう。

 そんな人気の軽自動車であっても思惑通りに売れていない、ライバルと比べて販売状況が見劣りするといったモデルもあったりする。今回、軽自動車の王者であるダイハツから思いのほか売れていないと感じる4モデルをピックアップしてみた。もっとも、ダイハツはもっとも軽自動車をラインアップしている(通称名でいっても8モデル)メーカーであり、すべてのモデルを成功させることは難しいのかもしれない。

1)アトレーワゴン

 さて、まず紹介したいのはライバルに対して見劣りする2台から。一台目は1BOXワゴンの「アトレーワゴン」だ。2020年1月~10月の販売実績でいうと、同じく商用バンをベースにするスズキ・エブリイワゴンが1万2987台なのに対して、アトレーワゴンは3373台と大差をつけられている。どちらもターボエンジンだけの設定で、リヤ駆動を基本にするというプロフィールも共通なのだが、この差はどこから生まれてくるのだろうか。

 ひとつ言えるのはエブリイワゴンがメッキギンギンのフロントグリルを備えているのに対して、アトレーワゴンはメッキ加飾を使っているもののシャープな印象の顔つきとしいている点。登録車のミニバンにおけるメッキグリルのトレンドを考えると、たしかにエブリイワゴンに人気が集中するのは理解できる。そして、これほどの大差がついているのはエブリイワゴンに価格設定的な割安感があるというのも影響しているはずだ。

2)コペン

 1BOXワゴンほどではないが、ライバルに僅差で差をつけられているのが2シータースポーツカーのダイハツ・コペン。同じく2020年1月〜10月の販売実績を見るとライバルのホンダS660が2296台、ダイハツ・コペンは2294台となっている。この数字だけでいうと互角の勝負に見えるが、前年同期比でいうとS660は88.6%なのに対して、ダイハツ・コペンは69.5%と落ち込みが大きくみえる。

 とはいえ、これは統計のマジックで、じつはコペンは売れている。ここまでダイハツ・コペンとあえて表記しているのは、トヨタでもコペンを取り扱っているから。ご存知のようにトヨタGAZOOレーシングのノウハウを投入したGRコペンはダイハツ、トヨタの双方で販売されている。同時期にトヨタで売れたコペンは1432台。ダイハツと合計すると3726台でS660を大きく上まわるのだった。

商品企画的にはずしてしまったモデルも!

 ここからは狙いどおりに行っていないと思われる2モデルを紹介しよう。

3)キャスト

 まずはデビュー当初は「アクティバ」、「スポーツ」、「スタイル」という3つのスタイルを展開したキャスト。こちらの販売台数は2020年1月〜10月で1万7544台と前年同期比49.2%に落ち込んでいる。もっとも、その大きな理由は2019年度をもってSUVテイストのアクティバと、ホットハッチ風味のスポーツという2つのスタイルを廃止したことにある。現在はセダンタイプのスタイルだけの設定なのだ。

 ひとつのボディでさまざまなユーザーにアピールするという商品企画はたしかにメーカーからするとおいしいビジネスモデルに感じられるのだろうが、当初アクティバが想定したであろうライバルのスズキ・ハスラー、スポーツのライバルとなる同じくスズキ・アルトワークスのような徹底した個性との競争には敗れてしまったカタチだ。

 とはいえ捲土重来とばかりに軽SUVマーケットにダイハツが投入したタフトは、6月から10月までの累計で3万1015台も売れている。キャスト・アクティバは消えてしまったが、その経験は十分に活かされている。

4)ウェイク

 最後に紹介するのがスーパーハイトワゴン・カテゴリーにおいてもっとも背が高い部類となる全高1835mmのモデルであるウェイクだ。デビュー当初は背の高さを「上に行く」という車名で表現したという冗談とも本気ともつかない話もあったほどの意欲作だったが、なぜか売れていない。

 2020年1月〜10月の累計販売台数は1万3928台で前年同期比69.7%。他のスーパーハイトワゴンが軒並み10万台を超えているのに比べると、あまりにも寂しい数字だ。

 なぜウェイクの人気が上がってこないのか。その理由についてはタントの特徴でもある助手席側Bピラーを廃したミラクルオープンドアになっていないことや、背高ボディを安定して走らせるためにサスペンションが硬すぎて乗り心地が悪いといった指摘もあるが、そもそも価格が割高に見えるという指摘もある。たしかに人気グレードのターボエンジン車では170万円以上という価格帯だが、NAエンジンであれば140万円を切る価格で設定されており、ここまで人気に差がつくほどでもない。

 もっともウェイクの乗るとFFベースのモデルなのだが、どこかアトレーワゴンに通じるテイストが感じられる。もしかすると、ウェイクとアトレーで同じターゲット層を食い合いしてしまっているのかもしれない。そう考えると、冒頭で書いたようにアトレーがエブリイワゴンに大差をつけられているという状況も納得だ。