新型コロナ禍での「精神疾患が増加」医師の4割近くが指摘

ざっくり言うと

  • 民間企業が8月、新型コロナ禍で増えた疾患について全国の医師に尋ねた
  • 回答した561人のうち4割近くが「精神疾患」を挙げ、最多に
  • 感染の後遺症と思われる精神面の症状では「うつ状態」などが多かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x