ともに2勝1分けでGSを突破したフランスとルーマニア。東京行きの切符を手にした。(C)Getty Images

写真拡大

 現地時間6月24日、イタリアとサン・マリノで開催されている、2020年の東京オリンピック出場を懸けたU-21欧州選手権のグループC第3戦が行なわれた(ベスト4に入った4チームが出場権を獲得)。

 2連勝同士の対戦となったフランス対ルーマニアの一戦は、ドローならともに4強入りが叶うため、チャンスが少ないゲームに。比較的決定機が多かったのはルーマニアで、司令塔ヤニス・ハジの正確なパスやプレースキックから惜しい場面を作り出したが、ゴールを挙げることができなかった。

 結局、両軍とも枠内シュートは0本に終わり、スコアレスドロー。得失点差で上回ったルーマニアが1位、フランスが「2位の最高成績」で準決勝に駒を進め、東京五輪出場を決めた。
 
 この結果、グループAで2位だったイタリア(2勝1敗)は、フランスに勝点1及ばずに敗退が決定。欧州代表として東京五輪に参戦するのは、スペイン、ドイツ、ルーマニア、フランスの4か国となった。

 なお、6月27日に開催される準決勝の組み合わせはスペイン-フランス、ドイツ-ルーマニアに決まり、決勝は30日に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部