侍ジャパン・上林誠知【写真:Getty Images】

写真拡大

9回に追いつき、タイブレークの延長10回にサヨナラ勝ち

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦で韓国と対戦し、8-7で逆転サヨナラ勝ちを収めた。3-4で迎えた9回に韓国5番手のキム・ユンドンから、広島・西川、ロッテ・田村が連続四球、DeNA・桑原が右前安打でつないで1死満塁とすると、中日・京田が6番手のハム・ドクジュから押し出し四球を選んで土壇場で同点に追いつき、延長へともつれ込んだ。

 無死一、二塁からスタートするタイブレークとなった延長10回。侍ジャパンは7番手の中日・又吉が1死一、二塁からリュウ・ジヒョクに左中間フェンス直撃の適時二塁打を許すなど、3点を失った。だが、その裏に劇的な結末が。1死からソフトバンク・上林が、ハム・ドクジュから右中間スタンドへと飛び込む3ランを放って同点とした。2死から西川がイ・ミンホから右前安打を放つと、盗塁も決めて二塁へ。このチャンスでロッテ・田村が左中間を深々と破るサヨナラ適時二塁打を放って、激戦に終止符を打った。

 この日、先手を奪ったのは侍ジャパン。両チーム無得点で迎えた3回2死から西武・源田が四球を選んで出塁すると、続く日本ハム・近藤健の高いバウンドの二塁内野安打で、一気に三塁へ。二塁手からの送球が中途半端なバウンドとなり、ボールはファウルゾーンへと転がると、源田は本塁へ。ヘッドスライディングでホームを陥れ、「稲葉ジャパン」の初得点となった。

 しかし、直後の4回に先発の広島・薮田が先頭で打席に入った韓国の4番キム・ハソンに弾丸ライナーで左翼席へと突き刺さるソロ本塁打を浴びて同点。さらに連打で無死一、三塁とされ、ハ・ジュソクに左翼への犠飛を浴びて勝ち越された。ここで薮田は降板となるが、2番手のオリックス・近藤大も2つの四球で2死満塁とされると、イ・ジョンフに左中間浅くにフラフラと上がるポテンヒットを許し、2点を加えられた。

 侍ジャパンは1-4で迎えた6回に反撃。先頭の近藤健が、飛び込んだ左翼手のわずかに前に落ちる左前安打を放って出塁すると、主砲の西武・山川に値千金の1発。この回からマウンドに上がった韓国2番手のク・チャンモの初球、真ん中低めへの141キロの真っ直ぐを強振すると、打球は弾丸ライナーで右中間スタンドへ。1点差へと詰め寄る2ラン本塁打。この日が初陣の「稲葉ジャパン」にとっての第1号アーチとなると、9回に同点とし、延長10回に劇的な幕切れが待っていた。(Full-Count編集部)