おのののかの「東京ドームNo.1のビール売り子」の経歴をTBSアナが疑問視

写真拡大

24日放送のラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)で、上村彩子(かみむら・さえこ)アナウンサーが、おのののかの経歴を疑問視する一幕があった。

番組では、出張中の出水麻衣アナに代わり、入社2年目の上村アナがピンチヒッターを務めた。ナイツ・塙宣之が、上村アナはかつて東京ドームでビールの売り子をしていたと紹介し、同じ仕事をしていたおのの名前をあげる。

すると、上村アナは「おのののかさんと一緒の場所で売ってたこともあるんですよ」と明かす。ただ、ビールの売り上げでは「私の完敗でしたけど」「完全に負けてました」と振り返っていた。

続けて上村アナは、当時のおのについて「覚えてますね」「めちゃくちゃ売れてました」と褒めた後、「でも、『東京ドームNo.1』かっていったら、ちょっと…わかんないですけどね!」と明るく告白したのだ。これに、ナイツのふたりは大慌てとなる。

塙は「そこはいいじゃない」「ダメだよ」「事務所が、それで売ってんだから」「一回でもNo.1取ったことあるでいいじゃない」「めちゃくちゃ売れてたんだから」「スゴかったでいいじゃない」などと怒涛のフォローを入れていく。

一方、相方の土屋伸之は「ちょっと! いきなり毒吐きますね!」「いいですね! 2年目で、この度胸はなかなかじゃないですか? いきなり、おのののかに噛みつきましたよ」と感心した様子を見せる。

この後もまた、おのがNo.1だった話題となる場面でも、上村アナは「グレーな1位ですよ」と発言し、ナイツのふたりが「言わないの!」「さわやかな声で言わないの!」と、ツッコミを入れたのだった。

【関連記事】
ぺえがおのののかとほのかの不仲を暴露「こんなに気を使ったロケは初めて」
おのののかが足の臭いに悩んでいた過去を明かす「生ゴミのよう」
岡村隆史がおのののかを説教し号泣させる「計算ばっかりで詐欺みたい」