帝国データバンクは12日、人手不足の解消に関する企業の見解について8月に実施した調査の結果を発表した。企業の過半数が人手不足を感じている中、各社が取り組んでいる解消法としては、賃金水準の引き上げ、社内コミュニケーションの活性化、残業時間の削減等が並んだ。【こちらも】深刻化する人手不足問題は副業解禁で緩和されるかまた少子高齢化が続く中で、シニアや女性を積極的に活用したいとの意見が多数あったものの、