栃木県警は9日、千葉県八千代市に住む高校生の少年(18)を、道路運送車両法違反と自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許危険運転致傷)、犯人隠避教唆の疑いで逮捕した。

 発表によると、少年は今年1月1日午後6時頃、佐野市高橋町の国道50号で、無免許にもかかわらず、車検が切れた車を高速で運転、中央分離帯を乗り越え、反対車線を走行中の乗用車5台に衝突して計6人に重軽傷を負わせた疑い。さらに事故後、自身の無免許運転の発覚を恐れ、助手席に同乗していた当時30歳の知人女性に身代わりを依頼した疑い。県警は、知人女性についても調べている。