世界のデジタルゲーム市場において2020年3月の月間売上が100億ドル(約1兆800億円)を突破し、これまでの最高額を塗り替えたと市場分析企業のNielsenが報告しました。

Worldwide digital games market - SuperData, a Nielsen Company

https://www.superdataresearch.com/blog/worldwide-digital-games-market

Nielsenによると、2020年3月の家庭用ゲーム機の月間売上高は15億ドル(約1600億円)で、前月比で64%増加。2020年3月のPC向けゲームの月間売上高は5億6700万ドル(約610億円)で、前月比で56%増加しました。ゲーム業界全体の月間売上高は前年同月の90億ドル(約9700億円)から100億ドルへ11%増加しています。Nielsenはこの著しい売上の増加が、新型コロナウイルス感染症の流行によってロックダウン(都市封鎖)が実施されたことが原因だと分析しています。

以下がNielsenが報じた、2020年3月におけるゲームの売上ランキング。PC(PC向けゲーム)、CONSOLE(家庭用ゲーム)、MOBILE(スマートフォン向けゲーム)の各プラットフォームごとにランキングがそれぞれ分けられています。PC向けゲームで1位を獲得したのはMORPGの「アラド戦記」、2位はマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)の「リーグ・オブ・レジェンド」、3位はマルチプレイヤーFPS「クロスファイア」。家庭用ゲームでは「あつまれ どうぶつの森」がトップで、2位はサッカーゲームの「FIFA 20」、3位は野球ゲームの「MLB The Show 20」。スマートフォン向けゲームでは、1位がMOBAの「王者栄耀」、2位がパズルゲーム「ガーデンスケイプ」、3位が箱庭系シミュレーションの「ラストシェルター」でした。

Nielsenによると、スマートフォン向けゲームの売上は前年比で15%増加しており、2020年3月に57億ドル(約6100億円)に達したとのこと。一例として、ポケモンGOが自宅でプレイ可能になるアップデートを実施したことで、2020年3月の売上を前月比で18%増の1億1100万ドル(約120億円)に増加させたことが挙げられています。

また、「『あつまれ どうぶつの森』は1カ月間で世界一売れたゲームになった」とNielsenは報告。2020年3月20日に発売された「あつまれ どうぶつの森」は1カ月で500万本を売り上げており、「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」が有していた家庭用ゲーム機向けタイトルの月間売上高世界記録を塗り替えたとのこと。Nielsenは「あつまれ どうぶつの森」の売上は、同じく任天堂の大人気タイトルである「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」と「ポケットモンスター ソード・シールド」を足し合わせた額に匹敵すると言及。この記録的な売上は、「実店舗が閉鎖しているためオンラインでゲームを購入した消費者の割合が増加した」「ロックダウンの中で、ソーシャル要素とほのぼのとする要素が消費者にとって魅力的だった」ことが原因だと分析しています。

累計2億5000万本を売り上げた人気FPSシリーズ最新作「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」については、PUBGやフォートナイト、Apex Legendなどの人気タイトルで知られるバトルロワイヤルゲームとして、新モードの「ウォーゾーン」を追加したことで、月間アクティブユーザー数が前月比159%増の6270万人に達したとNielsenは指摘。2020年3月20日に発売された傑作FPSシリーズ「DOOM」の最新作である「DOOM Eternal」のデジタル版の月間販売本数が、前作である2016年度5月に発売されたリメイク版「DOOM」の3倍である300万本に達したと言及しましたが、「ゲーム内に課金コンテンツが存在しないため、他のマルチプレイヤー型FPSよりも早くに収益が落ちる可能性がある」と指摘しました。また、世界最大のデジタルゲームプラットフォームSteamを運営するValveの最新作である「Half-Life:Alyx」については、「バーチャルリアリティ(VR)ゲームとしては大ヒットといえる」とNielsenはコメント。2019年末の調査によると、PC対応VRヘッドセットの使用台数は400万台未満と見積もられていますが、2020年3月の「Half-Life:Alyx」のプレイ人口は86万人でした。「Half-Life:Alyx」は4070万ドル(約44億円)を売り上げたとみられており、同社製ヘッドセット「Valve Index」の売上をブーストしたとみられています。