アレクセイ・ナバリヌイ氏「ひん死」の状態か 担当医らが危険性を指摘

ざっくり言うと

  • ロシアで収監されている反体制派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏
  • 広報担当者らが、同氏は容体が悪化して「ひん死」の状態だと主張している
  • 担当医らは、腎不全を起こすなどの危険性が高いと指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x