15年に創設された石破派は19人止まりだった ©文藝春秋

 自民党石破茂元幹事長(63)が10月22日、石破派(水月会)の会長を辞任した。理由は9月の総裁選での惨敗。菅義偉首相圧勝の流れができ、派内に非戦論も出る中、出馬を強行。結局、岸田文雄前政調会長にも敗れて最下位になった。石破派は「石破首相を作るためのプロジェクト」(派のベテラン)だっただけに、領袖退任は、石破氏の首相挑戦終了を意味する。

「自民党内の対立軸だった2人が一斉に表舞台から退いたことで、党内抗争は激しさを増す」(政治部記者)

 2人とは石破氏と安倍晋三前首相のこと。石破氏は、安倍政権を表立って批判してきた党内唯一の実力者。対する安倍氏は「石破だけは首相にさせない」と蛇蝎のごとく嫌ってきた。安倍氏は岸田氏を後継の本命に考えてきたが、「総裁選で岸田は石破に勝てない」と判断したからこそ菅政権誕生に加担した。「菅政権を生んだ原動力は、安倍氏や麻生太郎財務相を筆頭とした党内主流派の『石破憎し』の感情だった」(同前)。党内政局の軸だった2人が退場し、野党の支持率も上がらない停滞ムードの中、自民党の各派は「石破派へのリクルート合戦を開始した」(党関係者)。そもそも「石破派にはいい人材が揃っている」(同前)。

石破派は草刈り場に。安倍氏は?

 まず熱心なのは竹下派(平成研)だ。石破派内には、鴨下一郎元環境相や伊藤達也元金融相、田村憲久厚生労働相ら、かつて平成研に所属した議員もおり、同派幹部は「いつでも戻ってきて欲しい」。他にも、齋藤健元農水相や山下貴司元法相ら将来を嘱望される中堅・若手もおり、岸田派や二階派も触手を伸ばす。石原派の実力者で、鹿児島が地元の森山裕国対委員長は、石破氏の会長辞任直後、隣県・宮崎を地盤とする古川禎久元財務副大臣と「環境問題」という名目で早速接触し、記者団をざわつかせた。石破氏は「政策に強い議員が多い水月会は自民党に必要。なくさないし、なくならない。なくなってほしくない」と語るが、会長辞任で蟄居している内に、石破派が草刈り場となるのは確実だ。

 政治部デスクは「石破氏が存在感を取り戻すカギはやっぱり安倍氏」と指摘する。安倍氏は体調が戻ったのか、保守系議員が集まる会合に出席したり、週末にゴルフを楽しんだり、独占インタビューを受けてアーチェリーのポーズで日刊スポーツの一面を飾ったり。政権投げ出しが嘘だったかのように動き回っている。「菅内閣の支持率が低迷すれば、来秋、安倍氏の再々出馬論が浮上する可能性がある。そうなれば、石破氏も蟄居などしていられない」(同前)。安倍氏という太陽があってこそ、石破氏という月は光るのか。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年11月5日号)