渡部建(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 衝撃の“トイレ不倫”発覚から4カ月。謹慎生活を送るアンジャッシュの渡部建(48)が、家事や育児の傍ら、復帰のために介護士資格の取得を目指しているという。

瀬戸大也不倫報道2連発 渡部建に負けず劣らずの“ゲスぶり”

 発売中の「女性自身」が伝えるもので、渡部は家族や仕事関係者への贖罪の気持ちが強く、禊としてか社会貢献できる介護福祉士やケアマネジャーといった福祉系の資格取得を見据えて勉強しているという。

 記事が事実だとすれば、「夜景鑑賞士」や「高校野球検定」などを持つ“芸能界の資格王”の渡部は、さらに保有資格が増えることになる。しかしSNS上では「介護の仕事なめんな」などと手厳しい書き込みがあふれている。

 最近は、不祥事を起こした芸能人が介護施設でボランティアをしたり、介護の勉強をすることがすっかり定番化。酒井法子(49)をはじめ、次長課長の河本準一(45)、田村亮(48)やザブングルなど、トラブルを起こした後に“贖罪の意味を込めて”介護系の体験をするタレントは枚挙にいとまがない。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう話す。

「芸能界を引退し、真剣に介護をなりわいとしていくなら問題ないと思います。しかし介護系の経験をすることを、芸能界復帰のための安易な免罪符にするような風潮はどうかと思います」

■現役介護士も「どこまで本気なのか」と疑問

 確かに介護施設でのボランティア経験を振りかざされても、実際の介護現場の目は冷ややかだろう。現役の介護福祉士はこう語る。

「介護の仕事は、決して難しい知識が必要というわけではありませんが、強い忍耐力と使命感、そして弱者へのまなざしが求められます。毎日、汚物まみれになりながら、本気で仕事ができますか。認知症の方のお話を何時間でも聞いてあげることができますか、と言いたい」

 渡部が目指しているという“介護の資格”についてもこう話す。

「『介護職員初任者研修』など、初歩的な資格はすぐに取れますが、記事にあるような『介護福祉士』や『ケアマネジャー』の資格は簡単には取れません。ケアマネは5年、介護福祉士も3年以上の実務経験が必要で、国家資格なので難しいです。渡部さんはそこまで本気なんでしょうか」(前出の介護福祉士)

■やるべきはケジメの記者会見

 前出の城下氏が続ける。

「スキャンダルを起こすとなかなか復帰できずにあせるという芸能人側の事情はあるでしょう。しかし“4WD不倫”で大バッシングを浴び、引退の危機にさらされた俳優の原田龍二などは、復帰会見を開き、どうしても俳優を続けていきたいので“何でもやります”と何度も反省とおわびを伝えた。それで復帰の道筋が開けたのです。不祥事の内容にもよりますが、小手先の“贖罪”をやるくらいなら、しっかり記者会見をやったほうがいい」

 果たして渡部が復帰する日は来るのだろうか……。