9日朝、さいたま市のJR武蔵野線・東浦和駅で痴漢をしたとみられる男が線路に降りて逃走した事件で、男が東浦和駅前の交番に出頭したことが捜査関係者への取材でわかった。警察は男を警察署に移して、痴漢の疑いと威力業務妨害容疑で事情を聴いている。

 JR東日本によると、男が線路に飛び降りた影響で武蔵野線は上下線で最大で約15分、接続する京葉線では東京行きで最大23分の遅れが出た。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)