7月にJR池袋駅付近の繁華街で、警察官の誘導中に乗用車の運転を誤り、歩道に乗り上げたとして、警視庁池袋署は14日、道交法違反(安全運転義務違反)の疑いで、東京都新宿区の自営業の男性(74)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。通行人にけがはなかった。

 池袋署によると、男性は「(警察官が)何を言っているのか分からず、かっとなった」と供述している。同署は、感情が高まるあまり、男性が歩道と車道の見分けが付かなくなった可能性があるとみている。

 書類送検容疑は7月24日午後3時50分ごろ、前方をよく見ずに車を運転して歩道で信号柱に衝突、柱を損壊した疑い。