©テレビ朝日

写真拡大 (全5枚)

毎週月曜日の深夜、千鳥が今一番やりたい企画をお届けしているバラエティ番組『テレビ千鳥』。

11月4日(月)に放送された同番組では、「松茸の新しい食べ方を見つけるんじゃ!!」と題し、高級食材・松茸のさまざまな新しい食べ方に挑戦した。

©テレビ朝日

「松茸は(値段が)高すぎて、みんないろんな料理に挑戦してない」と話す大悟。デパ地下で国産と外国産の松茸を購入し、さっそくキッチンで調理を始める。

◆「松なぎ丼」、「マツタケンドッグ」…その味は?

同番組の人気企画「DAIGO’S キッチン」では、ふだん料理をしないにも関わらず、そのセンスだけで斬新な絶品料理を次々つくり相方・ノブをうならせている大悟。

今回もその実力が発揮されるかと思いきや、なかなか苦戦を強いられることに…。

©テレビ朝日

自信満々につくった、松茸にウナギのかば焼きのタレをつけて焼く“松なぎ丼”は、見た目はとても美味しそうだが、実食したノブからは「香りが皆死んどる」とイタい指摘。どうやらウナギのタレが強すぎて、松茸の繊細な香りを殺してしまったようだ。

また、インスタント麺に松茸を放り込んだ“松茸カップ焼きそば”なる料理もつくるが、こちらも松茸がカップ焼きそばの味に負けてしまい、これまた失敗。

©テレビ朝日

そんななか大成功となった料理が、松茸をアメリカンドッグ風にする“マツタケンドッグ”。ソーセージの代わりに松茸を串に刺し、ホットケーキミックスをつけて油で揚げる1品だ。

「甘いで、アレ」と言うノブに、大悟は「メシなんか甘いほうが美味い!」と断言。大胆にも1本5千円の国産松茸を調理し、見た目は完全にアメリカンドッグな松茸料理を完成させた。

気になるそのお味は…?

©テレビ朝日

「何これ?歯ごたえプリーン!美味い!」(大悟)、「んま!これアリかも」(ノブ)と、2人そろって絶賛!

さらに、ホットケーキミックスを薄めにつけて天ぷらのように揚げたノブ作の“マツタケンドッグ”を食すと、「ミシュラン!」とノブは自らその味を褒めちぎり、大悟も「もしかしたら名店で出してるかも」とうなっていた。