彼の中での女性は、本命の女性、ちょっと好意を持っている女性、女友達、単なる知り合い…と、いくつかに分類されているはずです。

今回は、男性の12星座別に、男性が「本命の女性」にだけ見せるサインがどんなものなのかを占います。

自分が本命の女性かどうかを知るための参考にしてみましょう。

おひつじ座(3/21〜4/19)…何かとちょっかいを出す

おひつじ座の男性には子どもっぽいところがあり、我慢が足りません。

本命の女性のことが気になって仕方なく、いちいち話題を振ったり、おとなしくしていなければいけない場でも、何かとちょっかいを出すのがサインです。

おうし座(4/20〜5/20)…お金をかける

おうし座の男性は、本命女性を付き合う前から大切にします。

しかし、あからさまに他の人と差をつけるようなことはしません。

ふたりだけでの行動をするように調整し、本命女性にだけわかるようにお金をかけるのがサインです。

ふたご座(5/21〜6/21)…わからないことを聞く

ふたご座の男性は人脈が広く、情報通でもあります。

そんな彼が「本命」と思う女性は、彼に負けず劣らずの情報強者のはず。

物知りだと認めているので、わからないことがあったら他の人に聞かずに、その彼女に聞くのがサインです。

かに座(6/22〜7/22)…子供のようにすねる

かに座の男性は、目端が利くタイプ。

本命女性の態度や言動が目についてしかたないのですが、気に入らないことがあっても文句は言えません。

そこで、自分がスネルという態度に出ます。子供のようにすねていたら、それがサインです。

しし座(7/23〜8/22)…他の男性をディスる

しし座の男性は、とりあえず威張っていたいタイプです。

特に本命女性の前では、自分が偉くてスゴイと思わせるために、まわりの男性を下げて自分を上げようとします。

その女性の前では、やたらと他の男性をディスるのがサインです。

おとめ座(8/23〜9/22)…厳しかったり甘かったり、矛盾

完璧主義のおとめ座の男性。

本命女性には、もっとスバラシイ人になってほしいという希望を持っています。

そのため、悪いところは説教するのですが、好きだから最後には「でもいいんだよ」と甘い言葉に。

この矛盾がサインです。

てんびん座(9/23〜10/23)…何も言わない

てんびん座の男性は、恋愛でついかっこつけてしまう傾向があります。

「この人が本命女性」と決めても、自分から告白はしたくなくて、女性の方から告白させたいのです。

何か言いたげな視線を送るくせに何も言わないのが、サインでしょう。

さそり座(10/24〜11/21)…頼まれたら何でも引き受けてしまう

用心深いため、なかなか女性に気を許さないさそり座男性ですが、付き合うまでは見せないものの、本命女性にはとても強い愛情を持っています。

女性が冗談で言う非常識な要求にも「やるやる」と応えてしまうのが、サインです。

いて座(11/22〜12/21)…大胆な強いアプローチ

恋のハンターであるいて座の男性は、本命女性を決めたら、さっそくハンティングを開始します。

そのサインは、わかりやすくて大胆な強いアプローチです。

「俺のこと好きでしょ?」と、ワガママいっぱいに迫ってくることもあるでしょう。

やぎ座(12/22〜1/19)…時間を作ろうとする

やぎ座の男性は、仕事で頭がいっぱいで、恋愛に時間をあまり割こうとしない傾向があります。

でも、本命女性には、わざわざ仕事の合間をぬって会おうとするのです。

実際は会えないことも多いのですが、時間を作ろうとするのがサインと言えます。

みずがめ座(1/20〜2/18)…女性扱いをする

女性だからと特別扱いしないのが、平等を愛するみずがめ座の男性。

しかも、ちょっと好意を持っている女性より、男友達との付き合いを優先します。

でも、さすがに本命女性には「夜遅いから気を付けて」のように女性扱いをするのがサインです。

うお座(2/19〜3/20)…男アピール

うお座の男性は女性の気持ちを理解でき、寄り添うことができます。

ちょっと女子っぽいのです。

でも、本命の女性には、男らしく思われたいと思います。

たくましいところをアピールしてきたり、頼ってほしそうにしていたら、それがサインです。

さいごに

「サイン」ですから、うっかりすると見過ごしてしまうような態度だったり行動だったりしますので、占い結果で当たりを付けておきつつしっかりチェックを。

スルーしてしまったら、悲しすぎます!

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)