言葉の解釈から例文までさまざまな辞典

写真拡大

 分厚くて、重くて、堅苦しい──そんな従来の辞典が持つ常識を大きく覆す新手が登場し、注目を浴びている。とりあげる分野はニッチで語彙も少なめだが、そこに記された言葉から広がるインスピレーションは果てしない。薄くてお手軽な1冊を、この秋、読んでみる?

《【かわいい】主に若い女子によって「これをかわいいって言う私ってかわいいでしょ」と周囲にアピールするために使われる言葉。対象が実際にかわいいかどうかは定かではない》

 アンブローズ・ビアス『新編 悪魔の辞典』(岩波文庫)から着想を得たという『悪魔の辞典』。この辞典における【かわいい】の定義は、ブラックきわまりない。一方、『ロマンスの辞典』(ともに遊泳舎)の定義は《【かわいい】君のこと》ときた。なんともキザである。

 今、斬新な切り口の“個性派辞典”が脚光を浴びている。『ことば選び実用辞典』(学研プラス)を発端とする「ことば選び辞典シリーズ」は、2019年9月9日時点で累計75万部を突破。このほか、書店にはずらりと多種多様な辞典が並んでいる。なぜ今、個性派辞典がうけているのか。

 これまで計16種の辞典類を編集してきたカリスマ辞典編集者の神永曉さんは、「数年おきに日本語ブームが到来している」と話す。

 確かに、1999年には大野晋さんの『日本語練習帳』(岩波新書)が、2001年には齋藤孝さんの『声に出して読みたい日本語』(草思社)がベストセラーとなった。

「辞典という形態そのものが今の時代に合っている」と語るのは、遊泳舎代表・中村徹さんだ。

「辞典の特性は、言葉の意味を簡潔に説明していて、頭から順番に読んでいく必要がないところ。長文が得意でない人が増える中、短くまとまっていて、どこから読んでもいい辞典というものは、今向きといえます」

 長文が嫌われ、短文がうける理由の1つに、SNSの発展がある。紀伊國屋書店新宿本店(東京・新宿)の辞典売り場を担当する米山さんは、これこそが、個性派辞典のブームに直結していると考えている。

「SNSで“言葉”を発信する人が増えました。表現がかぶるのを避けたがる発信者は、自分ならではの言葉を持とうとする。そこで、目新しい言葉や類語を扱う辞典が重宝されているのではないでしょうか」

 SNS上でのバズりがヒットにつながった『感情ことば選び辞典』(学研プラス)の帯には“気持ちを言語化できずじたばたするあなたに!”というメッセージが添えられている。例えば、「愛」。自分の思うニュアンスの「愛」が、伝わらないこともある。この辞典を使えば、しっくりくる表現を探せるというわけだ。ちなみにこの辞典で愛のバリエーションは、熟語だけで33種におよぶ。

◆辞典好きの日本人 その始まりは平安時代

「そもそも日本人には言葉を大切にする国民性がある」と神永さんは言う。

「辞典の原型は平安時代から存在します。今あるような近代国語辞典のはしりは、国語学者の大槻文彦さんが明治時代に編纂した『言海』。その頃、難しい漢語だけを並べた辞典も登場しています。

 大正時代になると、新語辞典、隠語辞典なども作られました。前者は、現代における『イミダス』のように、新しい言葉がわからない人向けの辞典です。後者は、泥棒やテキ屋が使っている言葉を集めたもので、編纂者は当時の警察や警察OB。捕まえた人がどういう輩なのか把握するために作られたようです」(神永さん)

 意外にも、時代に合わせて脈々と続いてきた個性派辞典の歴史。現代ではどのようなものが売れているのだろう。

「売れ筋商品に共通する特徴は“薄い&安い”です。その中でも、もともと表現者向けの『ことば選び実用辞典』は幅広いお客様にうけています。方言の辞典も人気で、特に関西弁とアイヌ語の売れ行きがいいです。また、今年発売されたばかりのエッジの効いた『妄想国語辞典』(扶桑社)は、一時品切れになるほど爆発的に売れました」(米山さん)

『妄想〜』では《[極めて遺憾]を【意味】なんの解決にもなっていないこと》など、世相を反映した皮肉たっぷりの語釈が躍る。

 また、『美しい日本語の辞典』(小学館)は発売から13年たつが、現在も根強い人気があるという。そこには「星霜」や「顔に紅葉を散らす」など、味わい深い日本語が並ぶほか、朽葉色や鴇色など、日本独自の色彩見本帳、雨、風、雲、雪、空といった自然現象の表現がまとめられており、評価が高い。

 米山さんの一押しは『トラウマ類語辞典』(フィルムアート社)。

「失敗や間違いによるトラウマ、社会の不正や人生の苦難によるトラウマなど、トラウマの状況が分野別で大量に記述されているのが面白い。本棚に置いた時に映える装丁もいい」(米山さん)

 マルノウチリーディングスタイル(東京・千代田)の書籍スーパーバイザー・柳下博幸さんは、遊泳舎の辞典シリーズにハマったという。

「フレーズやニュアンスから未知の言葉に出合えるのが魅力。装丁も凝っていて、入荷直後から若い女性に人気がある。ギフト用に購入するかたも多いですね」(柳下さん)

 出版元には、クリエーターから「創作意欲が刺激された」というメッセージが届いたり、中学校、高校の図書館から注文が入ったりしているそうだ。

◆個性派辞典のアイディアは正統派辞典の編集中に

 こうしてみると、時代が個性派辞典を求めたともいえるが、作り手側からすると「作りたいから作った、に尽きる」と言う。

「私たち辞典編集者はオーソドックスな辞典を編集する時、7万語を“あ”から“ん”まで何回も読みます。すると、言葉の美しさや日本語の奥深さにはっとさせられ、心に引っかかるものが絶対に出てくるんです。その言葉単体は、分厚い辞典の中にあると目立たない。だから、光を当てて輝かせてあげたくて。つまりは、オーソドックスな辞典を編集していると、ついつい個性派辞典を作りたくなってしまうんです」(神永さん)

 無数の言葉から、どの言葉を引き出して、どう編集するか。個性派辞典こそ、辞典編集者としての力量が問われるという。

「分厚い辞典から独立した、詳しくて“読んで楽しい”辞典を作りたいと常々考えてきました。だから、私が手がけた『美しい日本語の辞典』を読んだ小学6年生が、読書感想文コンクールで賞を取った時(2007年)は本当に感激でした」(神永さん)

 その小学生も今はもう20代。個性派辞典を片手に活躍する個性派作家らが現れる時代は、そう遠くなさそうだ。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号