エース菅野も「公開説教」の餌食に(共同通信社)

写真拡大

 同僚たちの前で上司がミスを咎めて大声で説教──昭和のサラリーマン社会では当たり前だった光景だ。だが、時は令和。“パワハラ”と見なされかねない叱り方では平成生まれの部下はついてこない。

【写真】怒るとコワ〜イ矢野監督

 そうしたなかでも、「公開説教」のシーンが珍しくないのがプロ野球の世界である。この“指導法”の是非をめぐって、大物OBの間でも賛否が分かれている。

 マウンドを見つめる巨人・原辰徳監督(60)の表情がみるみる険しくなっていく。5年ぶりの交流戦優勝が懸かった6月23日のソフトバンク戦。エース・菅野智之(29)が初回から先頭打者弾を含むいきなりの4失点。さらに2回、先頭打者の9番ピッチャー・和田毅(38)に四球を出したところで、原監督は“甥っ子”に早々と見切りを付けた。

 攻撃陣も1点しか奪えず完敗──憤りを隠せない原監督は試合後、報道陣に対し「先頭打者に本塁打、四球、四球。リズムもへったくれもあったもんじゃないですね」と、まくし立てた。記者が質問しようとするや、「智之のことはこのぐらいでいいんじゃないですか?」と、有無を言わせぬ様子で遮った。

「原監督は菅野がなぜ昨年までの安定感抜群の投球ができないのかに苛立っている。会見でわざわざ触れるのは期待の裏返しとはいえ、記者たちを前にあそこまで怒りを露わにするとは驚きました」(巨人番)

 昨年末の就任当初は“のびのび野球”を掲げていた原監督だが、ここにきて公衆の面前で選手を叱咤する場面が目立つ。

 6月20日のオリックス戦では若手の重信慎之介(26)が対象になった。出塁した重信が二盗を試みる姿勢を見せなかったことが、指揮官の逆鱗に触れたのだ。

 攻撃終了後、ベンチで重信を呼びつけて叱責。テレビでもおよそ10秒にわたり、期待の若手が直立不動で青ざめた表情になる様子が映し出された。

 奇しくも同じ日、甲子園の阪神ベンチでも矢野燿大監督(50)の“公開説教”があった。雷を落とされたのは、新人ながらショートのレギュラーを張る木浪聖也(25)。1点を追う8回無死一、三塁の場面。打者の近本光司(24)の打球は高いバウンドの三ゴロだったが、三塁走者・木浪は本塁に突入しなかった。

「矢野監督は木浪の消極的な走塁姿勢に怒りを爆発させた。“いけるやろ”とつぶやき、次打者の糸原健斗(26)がカウント1-1になったところで、代走を起用。木浪をベンチに下げる“懲罰交代”に踏み切った。それでも怒りが収まらない矢野監督は、ベンチで木浪を叱責した」(トラ番)

 数十秒にわたってテレビに大写しになった矢野監督の叱責に木浪の瞳がうるみ始める。説教が終わった後も、ベンチの最前列で涙目で声を出す木浪の姿が幾度となく映し出され、翌21日のデイリースポーツは一面で『懲罰交代 公開説教』と大きく報じた。

「矢野監督は選手と一緒にガッツポーズをするなど距離感が近かっただけに、ベンチ内も静まり返った。中継でも『(本塁に突入するか)難しい判断』と解説されていたので、“あれで怒られるのか……”と唖然とする選手もいた」(同前)

◆叱られた経験がない

 中継画面に映ることは稀でも、こうした光景は球界では決して珍しくないという。

「公開説教は監督が特定の選手を厳しく叱り、選手全員をピリッとさせる手段のひとつです。ただ、叱られるのが実績のない若い選手であることが多いので、人気球団の巨人や阪神、あるいは有名な監督が絡まないとなかなか記事にならないだけ。

 少し前まではさらに過激でした。野村克也監督はボーンヘッドをした選手にベンチで1時間以上説教したことがあったし、星野仙一監督のように怒鳴った後に、ベンチ裏での鉄拳制裁もあった」(ベテランスポーツ紙デスク)

 ただ、平成生まれの選手が中心となった今の時代に、その“常識”は通用するのか。高校野球でも「選手を怒鳴りつければ休んだり、退部してしまうので強豪校でも怒る指導法は減っている」(同前)という。当然、怒られ慣れせずにプロになる選手も出てくる。

 あるセ・リーグの20代現役選手はこう語る。

「公開説教ですら萎縮してしまう若手ばかりで、殴られたら野球を辞めちゃう選手も出てくるんじゃないですか。一般企業なら完全にパワハラでしょう。公開説教は、わざわざみんなの前で……という思いはあります。誰もわざとミスしているわけじゃないですから」

 こうした球界の変化に現場の首脳陣はどう向き合っているのか。昨年までソフトバンクのヘッドコーチで甲斐拓也(26)らを育成し、古巣・広島での監督経験もある達川光男氏は自らの経験を元にこう分析する。

「(公開説教は)相手を見てやっています。みんなの前で叱っても平気なヤツもおれば、そういう教育を受けていないと落ち込んでしまうヤツもおる。

 ただ、公開説教をされる選手は期待されていることが多い。まだ実力はないけど、育てないといけない選手ですね。木浪も重信もこれから主力にならなければいけない選手ですから」

 その意味では、大エース・菅野にも容赦なしの原監督は異色だが、そこは“第3次政権”が実現したベテラン監督のカリスマ性ゆえにできることなのかもしれない。

 ただ、達川氏は、“かつての指導法”では若い選手の育成が難しいことも率直に認める。

「球界でもゆとり世代の影響はありますよ。昔は試合中のミスに対し、手を出さないまでも、ベンチで“二軍に行くか、坊主頭になるか、どっちがいい”とやったものですが、今の時代は“もう一回、一から出直すか”という選択肢も付け加えないといけない。“一から頑張ります”と答えれば、それでその場を収めて翌日もチャンスを与える。それがパワハラだとソッポを向かれないためのポイントなんです。

 練習中も“グラウンドから出ていけ、帰れ”と指導していたが、今は“しばらくグラウンドから出て、そこで見ておけ”と言うようになった。決して『帰れ』というワードは使わない。そして、“理解できたら練習に加われ”と言います。このように言葉を選んで指導している。昔のように鉄拳制裁ですべて終わりというのは楽だったが、今はいろんな意味で大変ですよ」(達川氏)

 6月20日に公開説教を受けた重信と木浪は、翌日の試合にスタメン出場して共にヒットを放ち、汚名返上を果たしている。

「原監督にしても矢野監督にしても長時間にわたってガミガミ叱りつけたわけじゃないし、挽回のチャンスをすぐに与えた。同じミスを繰り返した時に初めて二軍に落とす。いわば、公開アドバイスです。私の時代は“なにしよるんじゃ、明日からファームじゃ”で、本当に二軍に落とされて終わりでしたから、えらい違いです」(達川氏)

※週刊ポスト2019年7月12日号