知ったら買いたくなる!赤パプリカが超使える理由

写真拡大 (全4枚)

[記事提供:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]

 みなさん、パプリカってわかりますか?

スーパーで見かける、あの赤いピーマンのことです。

一見、「どんな料理に使ったらいいんだろう?」って思いませんか?

しかし、このパプリカ、本当に使える、優秀な食材なんです。

パプリカってなに?


パプリカとは、唐辛子の総称ですが、スーパーで見かけるものは、大型(100g以上)で肉厚のピーマン。

色は、緑、赤、黄、オレンジ、紫、黒、白があるそうです!!

(紫とか黒、白なんて、なかなか普段見かけないですよね・・・!)

パプリカは、普通のピーマンに比べて、肉厚でジューシーな食感があり、甘く爽やかな味わいです。

飲食店などで、サラダに入っていることがありますよね。

生食はもちろん、煮込み料理・マリネにすることもできます。

特に、南欧料理には欠かせない野菜だとか。

・今すぐ読みたい→
プロが伝授!作り置きOKレシピとNGレシピの比較まとめ(https://cocokara-next.com/food_and_diet/make-ahead-food-recipe/)

驚くほど高い、パプリカの栄養価

パプリカは、ピーマンの仲間ですが、品種が異なります。

ビタミンC,E,Aなどが豊富で、ピーマンと比べてもビタミンCは約2倍、カロテンは約7倍もあるんです。

すごいですねこれは・・・

カロテンは、脂溶性ビタミンなので、油を使うことで吸収率が高まります。

ちなみに、私はこの前、赤パプリカを切って、油で炒め、オイスターソースだけで味付けをしました。

食材はパプリカしか使っていないのに、想像以上の美味しさでした。

パプリカを選ぶコツ。保存性にも優れている

店頭で選ぶ時は、皮にハリとつやがあるものを選びましょう。

表面にシワのあるものは、鮮度が落ちています。

保存性も高く、長持ちします。

冷蔵庫に1週間くらい入れておいても、問題なく使えます。

赤パプリカと、黄パプリカ。選ぶならどっち?

鮮やかな彩りを加えるために、どちらも入れてもいいと思いますが(例えば酢豚に入れてカラフルに)、実は赤パプリカの方が栄養価が高いのです。

黄パプリカに含まれるβカロテンは200μgに対し、赤パプリカは、1100μgです。(5倍以上)

ちなみに、同じ量のトマトと比較しても、ビタミンCやE、食物繊維も、赤パプリカの方がたくさん含まれています。

赤いトマトもいいですが、こうやってみると、なんだか赤パプリカが魅力的に思えてきますね。

赤パプリカと黄パプリカを食べ比べてみた

生の状態で、食べ比べをして見ました。

食感は、どちらも同じような感じですが、若干、赤パプリカの方が、甘みが強い感じがしました。

茹でなくても、生の状態で薄切りにし、和え物にすぐに使えるので非常に使いやすい野菜ですね。

いかがでしたか?

野菜コーナーで、何を買おうか迷った時、「最近野菜食べてないな、栄養不足かも」と感じたら、パプリカ…中でも赤パプリカを買ってみてくださいね!

[記事提供:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
プロが伝授!作り置きOKレシピとNGレシピの比較まとめ(https://cocokara-next.com/food_and_diet/make-ahead-food-recipe/)