iOS 13やiPadOS、macOS Catalina、tvOS 13のPublic Betaがスタート!

Appleは24日(現地時間)、次期プラットフォーム「iOS 13」および「iPadOS」、「macOS Catalina」、「tvOS 13」の一般向けベータ版を提供開始しています。なお、それぞれ正式版は今秋に提供開始される予定です。

一般向けベータ版は開発者でなくとも対象製品とApple IDさえあれば、公式Webサイト「Apple Beta Software Program」にて登録さえすれば誰でも無料で試せ、各プラットフォームの新機能を正式版に先駆けてひと足早く試すことが可能です。

同社ではスマートフォン(スマホ)「iPhone」やポータブルミュージックプレーヤー「iPod touch」向け「iOS」、パソコン「Mac」向け「macOS」、セットトップボックス「Apple TV」向け「tvOS」、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS」などの各プラットフォームを開発・提供しています。

各々の次期バージョンとしてiOS 13やmacOS Catalina、tvOS 13、watchOS 6が6月3〜7日に開催された開発者向けイベント「WWDC 2019」にて発表され、また新たにiOSからタブレット「iPad」向けが「iPadOS」として分離されて今回から新たに提供されます。

WWDC 2019の発表直後から開発者向けベータ版が提供されていますが、今回新たに一般向けにパブリックベータ版が公開されました。これにより、正式版に先駆けて新機能を試すことができます。各バージョンの新機能は以下より確認できます。

・iOS 13プレビュー - Apple(日本)
・iPadOSプレビュー - Apple(日本)
・macOS Catalina - Apple(日本)
・watchOS 6プレビュー - Apple(日本)

なお、パブリックベータ版では正式版を前に不具合などを解消するために提供されており、開発者向けベータ版と同様に「Apple Beta Software Program」の契約に同意する必要があり、秘密保持契約(NDA)によって得た情報はブログやSNSなどへの投稿はできないのでご注意ください。

パブリック・ベータ・ソフトウェアは機密情報ですか?
はい、パブリック・ベータ・ソフトウェアは Apple の機密情報です。そのため、自分が直接管理していないシステムやほかのユーザと共有しているシステムにパブリック・ベータ・ソフトウェアをインストールすることや、スクリーンショットを公開または投稿すること、パブリック・ベータ・ソフトウェアに関する情報を Twitter などのサービスで公開すること、Apple Beta Software Program の参加者以外の人にパブリック・ベータ・ソフトウェアの話をしたりその画面を見せたりすることなどは禁止されます。ただし、Apple がパブリック・ベータ・ソフトウェアに関する技術情報を公開した場合、その情報は機密扱いではなくなります。
Apple Beta Software Program

各プラットフォームの対象製品はiOS 13がiPhone 6sシリーズ以降、iPadOSがiPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種、macOS Catalinaが2012年以降のMacBook AirおよびMacBook Pro、Mac mini、iMac、2013年以降のMac Pro、2015年以降のMacBook、iMac Pro全機種となっています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Apple Beta Software Program