「炎上」で覆い隠された声(画像はイメージ)

写真拡大

ディズニー映画「アナと雪の女王」(吹き替え版)初の地上波放送が「炎上」したことについて、悲しんだり、驚いたりする視聴者も少なからずいた。

エンディングシーンで視聴者投稿動画を流す、というキャンペーンを仕かけたフジテレビ。ネット上ではキャンペーンに対する酷評に埋もれてしまった形となったが、目立たないながらも肯定的な反応や、善意で参加した子供達への同情論も寄せられていた。

「Twitter勢の反応にびっくりしたよ...」

「友人の友人という他人過ぎる方の子供がアナ雪エンディング映ったらしく、ヤッター!って思ったけどTwitterが批判意見多すぎて呟けなかった悲しい、って話がLINEで来てワイも悲しんでる。めっちゃ練習してオカンが衣装作って一族皆で観てて祖父母大喜びだったって」

「アナ雪」が地上波放送された翌日の17年3月5日、こんなツイートがひっそり投稿された。

調べると他にも、

「先日のアナ雪の地上波を子供達と一緒に観賞した我が家では、5歳児が大張り切りで『みんなで歌おう』を実践しながら、8歳がオラフにケラケラ笑って楽しんで、じじばば勢はラストの投稿映像に微笑ましいねぇって笑って観ていたので、正直Twitter勢の反応にびっくりしたよ...」

といったツイートがみられた。

各所で報じられているように、「アナ雪」地上波放送はエンディングシーンで「炎上」した。「ノーカット版」と銘打っていたにも関わらず、スタッフロールではなく、エルサやアナのコスプレをした子供の「ホームビデオ」が流れ、主題歌「Let it go!〜ありのままで〜」もMay.J.さんの声に子供の声がかぶさる形で流れたためだ。

「採用された!」――当事者の歓喜の声

エンディング時のこうした演出は「みんなで歌おう♪アナ雪」キャンペーンという視聴者参加型企画の一環で、フジテレビ公式サイトでも事前告知されていた。

しかし、放送後、多くの視聴者はツイッターに

「余韻が台無し」
「普通に終われ」
「素人の歌ばかり」

と憤りの声を寄せた。

一方で、

「アナと雪の女王の、動画投稿企画に応募したら採用されて、娘が映った!すごく嬉しい!」

といった当事者の声も数は少ないが、ツイッターに投稿されている。

スポーツ紙(ネット版)やネットメディアが「怒りの声」を取り上げたこともあり、すっかりマイナスイメージの強くなってしまった「アナ雪」エンディングだが、当事者を含め、楽しみながら見た視聴者もいたようだ。