女性は嫌がっているのに、立場を利用して個人的な時間を執拗(しつよう)に求める男性。中西裕太さん(仮名・37歳)は、自分の部署に入ってきた派遣社員の女性が別のフロアの課長からセクシャルハラスメントの被害にあっているのを知り、思い切って社長に“告発”しました。「同じ会社の人間として本当に恥ずかしい」と話す中西さんですが、社長に事実を伝えることに怯(ひる)んだのも事実だそうです。「俺の立場が悪くなるかもと