イギリス海軍のフリゲート「モントローズ」。ホルムズ海峡周辺海域で警戒にあたっている(写真:英海軍)(北村 淳:軍事アナリスト)米国トランプ政権がイラン敵視政策を急速に強化している。米国が現在目指しているのは、イランによるホルムズ海峡周辺海域での石油タンカー航行妨害阻止活動に数多くの国々を引き入れることにより、イランにとっての「敵」を増殖させつつ、自らの覇権を確保することだ。そのための具体策と