新ブランド「ストーンズバー」

写真拡大

サントリー酒類は2012年3月27日、酒類カテゴリーを横断した新ブランド「STONES BAR」(ストーンズバー)の記者説明会を都内で行った。

デザインには世界的ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」のアイコン、ベロマークこと「リップス・アンド・タン」を使い、「いつまでも遊び心を忘れない大人」に訴える。第1弾としてはビール類、カクテル、ハイボールを、2012年6月19日から全国で発売する。

強めの炭酸が刺激的

新商品のうち、「ストーンズバー〈ローリングホップ〉」はアルコール度数4%のビール類の新ジャンル商品で、柑橘(かんきつ)系の香りのホップを使い、すっきりと苦みを抑えた味わいに仕上げた。エナジーテイストのカクテル「ストーンズバー〈ローリングゴールド〉」、ウイスキーにレモン浸漬酒とライム浸漬酒を合わせた「ストーンズバー〈シトラスハイボール〉」といった他のラインアップともども、強めの炭酸が刺激的だ。

クラブやダーツバーなどにも似合う

〈ローリングホップ〉と〈シトラスハイボール〉については、通常の缶に加え料飲店向けに瓶タイプの商品も取りそろえる。若者に人気のクラブやダーツバー、カラオケなどでもスタイリッシュに飲んでほしい、という狙いだ。〈ローリングゴールド〉は瓶のみの販売。

希望小売価格は〈ローリングゴールド〉が230円、〈シトラスハイボール〉が缶160円、瓶230円。〈ローリングホップ〉では希望小売価格を設定しない。