ジャニーズ事務所のユニットとしては相変わらず異色を放っている関ジャニ∞
21日出演したフジテレビ系列の情報番組『スパイスTV どーも☆キニナル!』でも、その異色振りをいかんなく発揮していた。

この日の『スパイスTV どーも☆キニナル!』で取り上げたテーマは「許せなかった話」。何本かの再現VTRが紹介されたあとに登場したのは関ジャニ∞の横山裕と丸山隆平。それぞれがフリップボードを数枚手にして「許せなかった話」を披露した。

誕生日に母からの着信があり、後日、ちょっとウキウキしつつ照れながら(お祝いをいってくれるのだろうと)しかし素っ気無い素振りで母に電話をしたところ、「お金貸して!」と言われ残念な気持ちになったというのは横山くん。スタジオでも「子にお金を借りる親って(笑)」という突っ込みに苦笑い。道で横山くんと間違われ、免許証を見せてアピールしようとしたら(間違いに気づいたファンが)そそくさと離れられてしまったと話したのは丸山くん。同じ関ジャニだからきっと盛り上がるはず、という目論見がもろくも崩れ横山くんに「また間違われたんやで!!」と怒りの電話をしたところ、「こっちは生放送中じゃ!」と怒られたのだとか。

相変わらずの芸人ノリで「非常に残念なグループですけども・・・」と〆たところは、やはりアイドルグループというよりジャニーズ初の本格芸人グループといったところ。スタジオでも、「そこは芸人さんのポジションでしょ」「そういう切り替えしがアイドルとは思えない」等など、アイドルというより芸人並みにいじられっぱなしの関ジャニ∞。

ネタの為(?)には、個人情報満載の免許証さえ小道具にし、身内の恥までさらすその芸人魂に、これからが楽しみなユニットなのである。
(TechinsightJapan編集部 北島要子)

【関連記事】
謝罪会見も効果なし?!「気持ちが伝わらない」とデーブ
復帰プランはすでに始まっている?「謝罪が伝わってこない」テリーも指摘する酒井被告。
世界の壁は厚かった?TERUも嘆いたGLAY、屈辱の米国ライブ。
まるで別人?草なぎ剛の役者魂。
にしおかすみこ、落語家に転身!?
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!