この記事をまとめると

■S13型日産シルビアの兄弟車の180SXは北米では240SXとして販売されていた

■北米版240SXは2.4リッターのKA24E型エンジンを搭載していた

■1994年に240SXはS14型へとモデルチェンジして1998年まで販売された

2.4リッター直4を搭載する北米版は240SX

 S13型シルビアの兄弟車として1989年5月に登場した180SXは、リトラクタブルヘッドライトを持つフロントマスクや、ハッチバックとなるリヤセクションなど、見た目の異なるモデルとなっていた。

 車名の180SXは搭載されていたエンジンに由来しており、デビュー当時に搭載されていた1.8リッターのCA18DET型の排気量から来ている。その後、マイナーチェンジで2リッターのSR20型エンジンに換装されたあとも180SXの車名は継続されていたが、じつは240SXという車名を持つモデルも存在していたのだ。

 ただし、これは海の向こうの話であり、北米市場向けにリリースされた180SXこそ240SXだったのだ。

 先ほど北米市場向け180SXと書いたが、じつは240SXのほうが先にデビューしているため、正確に言うと北米市場向けの240SXを日本向けに仕立て直したのが180SXということになるのだが、240SXは車名のとおり2.4リッターのエンジンを搭載している。

 240SXに搭載された2.4リッターエンジンは、KA24E型(後期型ではツインカムのKA24DEとなる)で、ツインカムモデルであっても日本国内ではキャラバンやプレサージュ、ダットサントラックなどに搭載される実用的なもの。

 というのもアメリカでは中低速域のトルクの厚さが求められる傾向にあるため、日本仕様の1.8リッターではなく、排気量の大きな2.4リッターが選ばれたというワケなのだ。

北米では「ワンビア」がフツーに売られていた

 ちなみに北米仕様の240SXは、180SXと同様のシルエットを持つハッチバック(現地ではファストバックと呼称)のほか、シルビアと同じ独立したトランク部分を持つクーペも存在していた(フロントマスクはリトラクタブルヘッドライトのまま)。

 日本ではS14型シルビアが登場した後も継続販売がされていた180SXだが、北米市場の240SXは1994年春にS14シルビアをベースとしたモデルへフルモデルチェンジを実施する。

 車名が変わらなかったことからもわかるように、搭載エンジンは引き続きKA24DE型が搭載され、ターボモデルなどは存在しなかったが、上級グレードには日本仕様のターボモデルなどにも採用された5穴の16インチホイールやスポーツサスペンションを用意。

 1996年には日本仕様と同じくマイナーチェンジを実施し、いわゆる“ツリ目”のフロントマスクを採用するなどしたが、1998年夏に販売を終了し、S15型が北米市場に投入されることはなかった。

 なお、北米市場では2代目から4代目までのシルビアは「200SX」として販売されており、現地では240SXはしっかりその流れを汲むモデルとして認識されている。