TOKIO国分太一、V6解散コンサートで松岡昌宏の“涙腺崩壊”を目撃「後半になるにつれて…」

写真拡大

2月16日、フジテレビ系『TOKIOカケル』に、TOKIOの国分太一松岡昌宏が出演した。

【関連】井ノ原快彦、KinKi・松本潤ら後輩が集った“V6ラストコンサート”秘話を語り「泣けたね」

番組では今回、ゲストとして三宅健が登場し、V6解散コンサートに関する話題が展開される場面があった。

コンサートを見に行ったという国分は、当日松岡が号泣していたと明かすと、「俺は松岡が隣にいて、松岡が泣くなっていう瞬間とかわかるのよ。見なくても」と切り出しつつ、松岡が落ち着きなく体を動かしている様子を再現し、「あ、こいつ、絶対泣くなって思ったの」と振り返った。

また、「オープニングから3曲目くらいで、もうずっと(体が動いてた)」「後半になるにつれて、僕らも知ってる曲がいっぱい流れてきたりとかし始めた時にはもう、崩壊状態っていう」とも明かしていた。