コロナ禍に必須な小型軽量ハンディ掃除機! 外出先でも使えるシャオミのワイヤレスクリーナー「Mi ハンディクリーナー ミニ」

写真拡大 (全10枚)

3回目の緊急事態宣言が4都府県に発令された。
まだ終息の先が見えないコロナ禍で続く在宅生活や巣ごもり生活で、需要が拡大しているのが掃除機だ。

とくにハンディタイプは、コロナ禍で人気が急上昇している。
そんな中、格安スマートフォンでも知られるシャオミが、
2021年4月27日にはワイヤレス掃除機「Mi ハンディクリーナー ミニ」を発売した。


Mi ハンディクリーナー ミニは、
一般的な水筒よりもスリムな筒状で、一見するとハンディクリーナーだとは思えない。
ネット通販大手のAmazon.co.jpなどでも販売されており、本体価格5,940円(税込)とリーズナブルなところも魅力だ。

今回はそんなMi ハンディクリーナー ミニをXiaomi Japanからお借りしたので、実機を使ったレビューをお届けしよう。


■小型だけどパワフル Mi ハンディクリーナー ミニ
Mi ハンディクリーナー ミニは
・スリムでスタイリッシュなデザイン
・約0.5kgの軽量ボディ
・13000pa(パスカル)のパワフルな吸引力
・88000rpmの超高速モーター
・2種類のノズル付き
・ワンタッチでゴミが捨てられるダストカップ
・標準モードと強力モードを搭載
・ワイヤレスで利用可能
・USB Type-Cケーブルで充電可能
これらが特徴だ。

基本スペックおよび同梱品は
・本体サイズ 約267×55×55mm
・重量 約0.5kg(500g)
・定格出力 120W
・定格電圧 10.8V
・本体、隙間ノズル、ブラシノズル、USB Type-Cケーブル、ユーザーマニュアル
となっている。


右が本体、中央が隙間ノズル、左下がブラシノズル、左中央がユーザーマニュアル、左上がUSB Type-Cケーブル


本体を手に持ったところ

同梱品はシンプルな構成。
ダストカップは本体に取り付けられた状態で個装箱に収納されていた。
本体の下の方に電源ボタンが配置されている。

本体下部にはモーターが内蔵されている。
モーター側はずっしりとした重量感があるが、本体の総重量は0.5kgなので決して重いとは感じない。また本体の外観は凹凸がなく、水筒を持っているような感覚でとても持ちやすい。

ダストカップは上部のスイッチ形状の留め具で固定されており、留め具を下に引き下げるとダストカップ上部の蓋が開いてゴミを捨てることができる。

ダストカップは左右に回転させるだけで取り外しや取り付けが可能だ。
ダストカップ内には
・スチール製プライマリーフィルター
・HEPAフィルターコア
これら2つのフィルターが付いており、いずれも取り外し可能だ。


左からダストカップ、フィルター、本体


USB Type-C端子

本体の底面にはUSB Type-C端子を備え、スマートフォンと同様にUSB Type-Cケーブルを接続して充電する。内蔵バッテリーは2000mAhで、標準モードならおよそ30分、強力モードならおよそ9分間の利用ができる。

本体の電源ボタンは、
・1回を押すと標準モードで起動
・2回押すと強力モード
・3回押すと電源オフ
この順番に切り替わる。

また、本体の底面は排気口もあり、本体上部(先端)で吸い取った空気を底面から排出する仕組みだ。結構な勢いで空気が排出されるため、電源をオンする際には底面に顔を近づけたりしないよう注意したほうがいいだろう。


■部屋中だけでなく外出先でも便利に使える
付属のノズルを取り付けて早速使ってみた。
ノズルは細長い「隙間ノズル」とブラシが付いた短い「ブラシノズル」の2本が付属する。

それぞれを本体に取り付けて利用できるほか、隙間ノズルとブラシノズルをジョイントさせて1本のノズルとして本体に取り付けて利用することも可能だ。


ブラシノズルを取り付けた状態


隙間ノズルを取り付けた状態


隙間ノズルとブラシノズルをジョイントして取り付けた状態

隙間ノズルはもちろん、思っていたよりもブラシノズルが使いやすく感じた。
ひとまず手元にあるノートパソコンを掃除してみた。
凹凸のあるキーボード部だけでなく、ホコリが気になるディスプレイ部も、ブラシノズルが吸い取りやすかった。

パソコンのディスプレイの掃除は、通常、クリーニングクロスを利用することが多いが、先にハンディクリーナーでホコリを吸い取り、その後、クリーニングクロスなどで拭き取ったほうが良いかもしれない。


隙間ノズルとブラシノズルをジョイントさせてパソコンのキーボード部分を掃除してみた

テレワークや巣ごもり生活で自宅時間が増えたことによって、部屋や家の掃除をする機会も増えている。
筆者もそうだが在宅ワークが続くと今までは気がつかなかった、部屋やテーブル、パソコンなどの汚れやホコリが気になってくる。

ホコリや汚れは気にはなるが、掃除機を出してまで掃除するほどではないことも多く、なんとなく放置してきたという人も少なくないだろう。

しかし、在宅生活が長くなると、ちょっとしたホコリや汚れもストレスの原因になる。

大きな掃除機ではなく、Mi ハンディクリーナー ミニのように手軽に掃除できる道具があれば、気になるホコリや汚れを、気づいたときに掃除して、スッキリできてストレス解消にもつながる。


モバイルバッテリーでも充電できる

小型で内蔵バッテリー式のため、家の中だけでなく、自動車の車内や外出先などに持って行くことも可能だ。

外出時に便利なのが、USB Type-Cケーブルでモバイルバッテリーから充電できる点だ。
試しに手持ちのモバイルバッテリーで充電してみたところ問題なく充電ができた。
出先でも使いたい人には間違いなくおすすめできるアイテムだ。

Mi ハンディクリーナー ミニ | Xiaomi Japan執筆:S-MAX編集部 2106bpm