「南海キャンディーズ」の山里亮太

写真拡大

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)が20日、火曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月〜木曜後1・00)に出演。妻で女優の蒼井優(35)とともに夜中に包丁を研いだ話を披露した。

 先週14日に誕生日を迎えた山里は、13日の放送でパーソナリティーの赤江珠緒(46)から誕生日プレゼントとして「砥石(といし)、いただきまして。包丁と。『大人の階段を上るために、包丁を研ぐのはどうかな』って言って」とし、「使わせていただきました」と報告した。

 「天然の石で、生産の所とか調べたら、あれ、いいやつなんだね。オレが言っちゃいけないけど、もったいないよ」というほどの高級品。研いだのは前夜。CMの打ち合わせがあり夜11時半頃帰宅したが、蒼井から「あした『たまむすび』じゃん。大丈夫?研いでないじゃん。せっかくもらって翌週に研いでないって、赤江さんも寂しいよ」と指摘されたという。

 山里は「もう12時前だよ。夜中に研ぐって、それ山に入ってきた迷った人を食うやつじゃん」と言ったものの「研ごうよ」と言われ、研ぐことに。「赤江さんから研ぎ方は聞いた?」と聞かれるも「言ってたけど、意味分かんなかった」と伝えると、蒼井はすぐに研ぎ方の動画も準備。職人が研いでいるものだったが、なぜかBGMは「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲だったとし、山里はそれを見ながら蒼井の「45度に立てるんだって」「もうちょっと寝かしてみたら」「確かめるときは後ろに手を添えるんだよ」などと言ったアドバイスを受けて作業したという。

 格闘すること40分。既に日付は変わっていたが、出来上がりは「見た感じは刃先がきれいに」なったとし、さらにもう1本包丁を研ぎ時間は1時を過ぎたという。「すごいきれいになっているね」と言う蒼井に、「これで赤江さんに伝えられるわ」と山里が言うと、蒼井は「切れ味試してないよ。赤江さんは絶対に聞いてくれる。試そう」。今度は山里が長ネギを、蒼井は白菜を切って試すことに。長ネギを切った山里は、研ぐ前の状態を確認することを忘れていたものの、「でもすごいのよ。サクサク切れるのよ」と感激。蒼井も「え、すっごい切れるこれ」と喜び、白菜を一気に半玉ザク切りにしたと言う。 するとまな板には大量の長ネギと白菜が。蒼井は「今からこれどうしよう。何か作ろうかな」と話し、1時半から味噌汁を作ったという。大きな鍋に大量の野菜を入れて出来上がった味噌汁を見て、蒼井は「何これ、合宿所みたい」とつぶやいたとした。