各地で猛威を振るう新型コロナウイルス。世界のほとんどの国で感染者が確認されている中、いまだ「感染者ゼロ」と公表しているのが北朝鮮だ。

【画像】平壌市民が使っているマスクは多種多様

「全世界が悪性ウイルス感染症の被害による大混乱に陥り、戦々恐々としている時に、我が国ではただ一人の感染者も発生していない」

「世界で最も優越な我が国の社会主義保健制度があるため」

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は4月3日付論説でも、このように自画自賛するが、その信憑性も限りなくゼロに近いのが実情だ。


過激な新型コロナウイルス対策を進める金正恩 ©AFLO

 そんな北朝鮮国内から、他国ではあり得ない「過激なコロナ対策」が伝わってきている。 韓国の三大紙「朝鮮日報」(電子版、3月31日)には、次のような見出しが掲載された。

〈北朝鮮、コロナ患者の家の扉にくぎを打って5人皆殺し〉

 記事によると、北朝鮮の咸鏡北道清津市で3月初め、新型コロナウイルスに感染した疑いを持たれた一家が、自宅ドアに釘を打ち付けられて強制的に隔離され、治療も受けられないまま、家の中で亡くなった。死亡した5人は製鉄所を退職した老夫婦と、その娘夫妻と子どもだったという。

 執筆したのは、北朝鮮報道で知られる脱北者の朝鮮日報記者。同記事によれば、北朝鮮ではこの一家と同様の封鎖方法が他にも行われているという。さらに、対北消息筋の話として「北朝鮮ではコロナで死んでも、コロナという言葉を口にできないよう統制される」「北朝鮮はコロナ清浄国のイメージを維持するために、コロナの状況を隠ぺいしている」とも伝えている。

隔離中に銭湯に行き官僚は銃殺された

 北朝鮮がどれだけ厳重に対処しているかが分かる“事件”は他にもある。例えば、中国訪問から帰国し、予防措置として隔離されたある官僚のケースだ。

 同じく韓国三大紙の一つ「東亜日報」(2月13日付)によると、北朝鮮東北部の羅先(ナソン)市で、中国訪問後に隔離された官僚が2月初めに密かに抜け出し銭湯を訪れたところ、それが発覚。間もなく銃殺刑に処されたという。

 また、中国と国境を接する平安北道(ピョンアンプクト)では、中国を訪問した事実を隠していた国家保衛省の大佐級幹部が、農場員に降格された事実も報じられている。

 北朝鮮当局は、中国を訪問したり、中国人と接触した者に対して、無条件で15日間の隔離を指示している。この施策については、金正恩朝鮮労働党委員長から「(隔離から)無断で離脱する行為に対しては軍法で対処するように」との指示が出ているとされる。

 その対策の結果、朝鮮中央放送などで報じられた地域ごとの「隔離解除者数」は、平安南道・北道4300人(3月20日報道)、江原道1430人(3月20日同)、慈江道(チャガンド)2630人(3月8日同)など。全国の総数は報じられていないが、地方で発表された数を合算するだけで、約9550人にも及んでいる。4月3日には「現在全国に約500人の隔離者が残っている」とする報道もあった。

 これだけの隔離者、隔離解除者がいながら「感染者ゼロ」とは釈然としないが、これが北朝鮮の「公式見解」なのだ。

建国後初めて中止になった行事

 北朝鮮では、中国で新型コロナウイルス感染拡大が深刻化すると、1月22日には中朝国境を封鎖。2月1日からは北朝鮮に滞在する各国の外交官に、指定の大使館区域から離れることを禁止する制限措置を取っていた。小学校から大学まで全ての学校で、2月末に始まる予定だった2学期(後期)の始業が延期された。

 また、金正恩委員長を護衛する司令部内に感染者が発生したため、金正恩自らが2週間程度、東海岸や元山一帯に滞在していたという情報もあった。

 さらには、国民生活にも大きな変化をもたらしている。

 北朝鮮では毎週土曜日、自分が属する組織や町内の人民班で集結し、「生活総和」を行う時間が設定されている。この行事は、1週間に起こった出来事の中で、北朝鮮の統治理念や主体思想から外れた誤った行動に対して自己批判し、他人と相互批判するもの。

 北朝鮮の政治理念「チュチェ(主体)思想」を国民に浸透させて、独裁体制を支えるための非常に重要な骨組みの一つで、多くの脱北者が「なにより生活総和への出席が苦痛だった」と打ち明けるほどの行事だ。この「生活総和」も3月下旬から、建国以降初めて一時中断されたという。

WHOも疑問視する感染状況

 そもそも北朝鮮の住民は国内で通行証明書がなければ、自分の居住地から他の地域へ自由に移動する自由がないため、全国的に感染が拡大するのに時間がかかる可能性はある。それでも「感染者ゼロ」などということはあり得ないだろう。

 WHO(世界保健機関)も、北朝鮮の経済事情と劣悪な医療施設を勘案して、北朝鮮の主張に疑問を持っている。WHOのシャピーク博士は、そもそも「感染確定の可否を判断するための資源(診断キットなど)が足りていない可能性もある」と指摘している。

 北朝鮮は、WHOと国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)から検査装備や診断キットなどの支援を受けているが、「平壌とその周辺地域だけで使ったとしても診断キットが大きく不足しているだろう」(脱北者)との指摘もある。

 現在も北朝鮮の高位幹部と連絡を取っているある脱北高官は、「北朝鮮では食糧不足が深刻で、昨年11月から飢餓に倒れる住民が続出していると聞いている。さらに今回の国境封鎖で、物価が上昇し、住民はさらに苦しめられている」と筆者に打ち明けた。

「新型コロナは南朝鮮が風船で送ってきた」

 北朝鮮での感染者数や死者数については、具体的な数字を出した報道も出ている。

 対北朝鮮専門メディアの「デイリーNK」は3月6日、軍部筋の話として、新型コロナウイルス感染で「軍医局から軍の最高司令部に『1、2月の死者が180人、隔離者が3700人』とする報告があった」と報じている。特に中国との国境に駐留する国境警備隊で死者が多かったという。

 北朝鮮が感染状況を詳細に公開すれば、国際社会からさらなる支援も期待できるはずだ。

 しかし現実には、北朝鮮の治安組織である国家保衛省が、「南朝鮮ではコロナウイルスを付けたカネやコメを風船やプラスチックの筒に詰めて北に送っている」などと宣伝工作を繰り広げているような状態だ(「朝鮮日報」4月3日付)。なんとしても金正恩体制が揺らぐ事態を避けたい指導部の気持ちが表れている。

 世界中に蔓延した新型コロナウイルスは、金正恩政権にも相当の打撃を与えていることは間違いないようだ。

(朴 承萊/Webオリジナル(特集班))