久代萌美アナウンサー

写真拡大

 フジテレビの久代萌美アナウンサー(30)が、17日放送の「ワイドナショー」で、6歳年下の高収入ユーチューバー「はるくん」と半同棲状態にあると報じられた件で、交際を認め、松本人志、東野幸治らにイジり倒された。

 番組で、嵐・二宮和也の結婚の話題から転じて、司会の東野幸治が「もうひとつ、おめでたい話題が。ワイドナショーのメンバーの熱愛が発覚しました」と切り出した。

 東野が「お相手がすごいですね、ユーチューバーです。(女性アナの交際は)ITやスポーツ選手が多い中、ユーチューバーです」と振ると、久代アナは何度も頭をさげながら「すみません…なんか」と返した。

 松本が「ディズニーランドで調子に乗った写真撮られたんでしょ」と、別の週刊誌のネット報道もあったことを遠慮なく突っ込むと、久代アナは「ひどい…」と防戦一方。かつて指原莉乃が松本に吐いたフレーズを用いて「干されればいいのに」と発言して炎上した経緯がある久代アナは、東野に反撃を促されたが、「うっ!」と我慢。

 出会ったきっかけを聞かれると「フットサル」と答えると、「うそつけ!」と集中砲火を浴び、松本が「コンパ行きまくっとるやないか。コンパやがな、社長コンパやんな」とツッコミ。再び東野に促されると、久代アナは「干されればいいのに!」とやり返し、松本は「やっと言うてくれた」と喜んでいた。

 また石原良純から相手の年収を聞かれると、「年収?年収はわからないです、月単位でしかわからない」と回答。収入の話は聞きにくいのではと問われると、「(相手が)年下なので出すべきなのか、おごってもらうべきかで」と話した。

 交際が報じられ、相手男性の様子を聞かれると「恥ずかしそうにしてましたね」。

 ほかにも「動画の後ろに映ってる?」「家の間取りは?」と質問が止まらず、松本が「この話で20分とってるからな」と攻撃を続けていた。