【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は8日、来年5月にロシアで開かれる第2次大戦の対ドイツ戦勝記念日の軍事パレードに合わせ、訪露を検討していると明らかにした。

 プーチン露大統領が招待していた。ただ、2020年の米大統領選が迫っている時期のため、選挙関連日程を優先する可能性もある。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「招待され、考えているところだ。戦争の終結を祝う、とても大事なものだ」と述べた。同時に「選挙シーズンの真っ最中でもある」と語った。

 トランプ氏は就任以来、ロシアとの関係改善に意欲を示してきたが、米議会ではロシアによる16年米大統領選への不正介入に対する反発が強く、トランプ氏の思惑通りには進んでいない。