ローソン“深夜店員ゼロ”店舗の様子

写真拡大

ローソンは8月23日から、ローソン氷取沢町店(横浜市磯子区)にて、「スマート店舗(深夜省人化)実験」を開始した。期間は約半年間を予定。

今回の「スマート店舗実験」は、加盟店支援を目的とした人手不足対策として、深夜時間帯(午前0時〜午前5時)の売り場に店員を配置せず、客自身で決済する店舗の実験。

入店するには3つの方法があり、「事前にローソンアプリに登録された入店用QRコード」「近隣住民に配布した入店カードの利用」「入店管理機器で顔写真を撮影」のいずれかにより、店に入って買い物をすることができる。

販売商品は、たばこ・酒類の免許品・カウンターファストフーズ・切手類・収納代行やチケット発券などの“店員による対応が必要な商品・サービス”を除く商品。

全く無人というわけではなく、1名はバックヤードで勤務をしている。ただし、今後は店員を配置しない営業も実施予定とのことだ。