麻生太郎・副総理兼財務大臣は9日、財務省で記者会見し、国税庁の佐川宣寿長官の辞任について説明した。NHKニュースが報じた。

 国会審議の混乱や行政文書の管理状況をめぐる指摘などを踏まえた佐川氏本人からの申し出で、退任したことを明らかにした。佐川氏の辞任について麻生氏は「途中でやめるのは残念だ」とし、自らの進退に関しては「特に今は考えているわけではありません」と述べた。

 また、「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書書き換え疑惑については、そうした文書の有無を来週早々にも明らかにしたいという考えを示した。

佐川氏辞任で麻生副総理会見 文書書き換え有無来週にも(NHKニュース)