環境省初の萌えキャラ「君野イマ/君野ミライ」

写真拡大

環境省は2月24日、同省初の“萌えキャラ”として、女子高生の君野イマ、君野ミライを発表した。

この萌えキャラは、低炭素型の「製品」「サービス」「ライフスタイル」など、温暖化対策に資するあらゆる“賢い選択”を促す国民運動「COOL CHOICE」を推進するために、認知度向上に向けた啓蒙活動に活用していくキャラクター。コンセプト266作品、デザイン135作品の中から選ばれた。

24日からは、スマートフォン・タブレット向けアプリ「COOL CHOICE」において、今回決定したイメージキャラクターをナビゲーターとして、ライフスタイルに応じた「おすすめ地球温暖化対策プラン」などの提案を行っていく。

また、今後については、キャラクターデザインを3Dアニメーション化し、「COOL CHOICE」ストーリー(再配達削減やクールビズなどをテーマとした動画)の配信を行うほか、Facebook、ツイッター、インスタグラムなどのSNSを活用した情報発信も行う予定だ。

☆キャラクターのコンセプト

「並行世界から現れたCool なわたしと、ズボラなわたし。」

女子高生。
「君野イマ」はぐうたらで不摂生。
「君野ミライ」はクールで知的でしっかり者。

部屋の電気も消し忘れ、冷蔵庫の扉も閉め忘れる。真冬の部屋で暖房をガンガンに利かせてアイスクリームを食べるのが至福のひととき。そんなぐうたらな女子高生、君野イマはCoolなChoiceとは程遠い暮らしを送っていた。

「あなた、だれ。もしかして、ドッペルゲンガーってやつ!?」

そんな彼女のもとに突如として現れたのは、姿かたちも自分とそっくりな、もう一人の自分。

「わたしの名前は君野ミライ。わたしはあなた、あなたはわたし」
「どういうこと?」
「わたしはこの世界と鏡映しの並行世界、クールワールドからやってきたの。そこでは一人一人のCoolなChoiceによって、クリーンで、豊かで、先進的で、持続可能な暮らしが築かれているわ。けれどもいつか、どこかで選択を違えた二つの世界の間には、亀裂が生じてしまったの。このままでは世界が終わってしまう。だからどうにかして修復しなければならないの」
「でも、どうやって?」
「今にわかるわ」

それから君野ミライはまるで小姑のように、ぐうたらな君野イマの生活態度を正してゆく。

「わたしがここへ来た目的は、この世の多くの人々に、CoolなChoiceをしてもらうこと。そして世界を救うこと。そのためにはまず、あなたのそのぐうたらな生活を改める必要があるの。そしてあなたには、世界の人々にCoolなChoiceを伝える伝道師になってもらうわ。これはもう、この世界における決定事項なのよ。さあ、一緒に世界を救いましょう!」「そんなこと言われても……」

果たしてミライは、イマを変えることができるのか。イマは、変わることができるのか。

☆キャラクターコンセプトborges(ボルヘス)さんコメント

「COOLCHOICEという環境啓蒙活動を広めるのがその主旨でしたので、二人一組にし、片方が片方を啓蒙するという形式を取ることで受け手にわかりやすいよう配慮しました。また、名前を『君野イマ/君野ミライ』とすることで、今を変えることで未来が良くなってゆくようにとの願いを込めた次第です。このような形で環境保全の一翼を担うことができるとはまさに僥倖。この度のご縁で生まれた君野イマ、君野ミライというキャラクターが今後益々皆様に受け入れられ、末永く愛され、巡り巡って環境保全に貢献できればこれほど素晴らしいことはありません。」

☆キャラクターデザインMaou_Illust(マオウ イラスト)さんコメント

「並行世界の二人が出会い、coolなchoiceで世界を救うというコンセプトにとても興味を引かれました。キャラクターデザインを考える時も、設定を崩さないように気を付けつつ、キャラクターと見る人の目線が近くなることでCOOL CHOICEをより身近に意識してもらえるのではと思い、二人とも敢えて普通の女子高生をイメージしてデザインしました。」