森保ジャパンに欠かせぬ絶対的なエースがドイツの地でアップダウンの激しいシーズンを過ごしている。開幕直後の大絶賛から一転して批判を浴びるようになったのが、ブレーメンに所属するFW大迫勇也だ。15日に行われたライプツィヒ戦も0-3と落としてしまったブレーメンは、現在17位と降格圏にいる。大迫は昨夏に退団したエースのマックス・クルーゼの穴埋め役として期待され、開幕4試合で3得点と見事なスタートを切っていた。ところ