19世紀後半から20世紀初頭にかけて、アメリカでは大規模な火災がいくつも発生していました。火災の損失を少しでも抑える為に、1866年にダニエル・アルフレッド・サンボーンが設立したサンボーン地図会社は、サンボーン地図と呼ばれる保険資料を作成。このサンボーン地図が当時の火災発生時に役立っただけではなく、現在まで