「カープ女子」「セレ女」につづく新勢力「スージョ」とは?

写真拡大

プロ野球・広島カープを熱心に応援する女性ファンを指す「カープ女子」、Jリーグ・セレッソ大阪を熱心に応援する女性ファンを指す「セレ女」など、女性スポーツファンに注目が集まった2014年。「カープ女子」は新語・流行語大賞にノミネートされるなど、大きな話題となりました。

そんな中、「カープ女子」「セレ女」につづく新たな「●●女子」として、「スージョ」が誕生した模様です。

この言葉が登場するのは、2015年1月に大空出版より刊行された雑誌『相撲ファン』。「相撲愛を深めるstyle&lifeブック」であるという同誌は、表紙にモデルの市川紗椰さんを起用するなど、相撲を愛する女性ファンを強く意識した一冊だ。スポーツとしての相撲だけでなく、力士たちの個性やプライベート、相撲グルメ情報、相撲雑貨情報なども採り上げるライフスタイル情報誌となっています。

そんな同誌が提案する女性相撲ファンの呼び名が「スージョ」。スージョとは「仕事や勉強に一生懸命な時間を大切にしながらも、こよなく愛する相撲のために多大な情熱や時間をかける女性たち」のことで、「日常の中に『自分らしく』相撲を取り入れた素敵なライフスタイルを確立している」のだとか。

相撲女子=スージョという新たな「●●女子」の誕生には、一部の好角家から「名前がつくなら『スモ女』だと思っていました」「『土俵ガール』というドラマがありましたが、それじゃダメでしょうか」「数学女子と被りそうですね」などの反応もあるようですが、呼び名がつくほど女性ファンの存在に注目が集まるというのは大相撲にとっても嬉しい話でしょう。

昨年の九州場所では17年ぶりとなる7日間の大入りを記録するなど、人気復活が目覚ましい大相撲。その一因には「関取にお姫様抱っこしてもらえる」企画など、日本相撲協会が展開してきた女性ファン獲得への努力もありました。呼び名もついてますます勢いがつきそうです。2015年の新語・流行語大賞には「スージョ」がノミネートされているかもしれませんね。

■「関取にお姫様抱っこしてもらえる」企画の模様



■「相撲ファン」表紙の撮影風景

(文=フモフモ編集長 http://blog.livedoor.jp/vitaminw/