13日、日本僑報社・日中交流研究所が主催する「第10回中国人の日本語作文コンクール」の各賞の入賞者が発表された。写真は、最優秀賞(日本大使賞)受賞者・姚儷瑾さん。日本僑報社提供。

写真拡大

2014年11月13日、日本僑報社・日中交流研究所が主催する「第10回中国人の日本語作文コンクール」の各賞の入賞者が発表された。最優秀賞にあたる日本大使賞は東華大学の姚儷瑾さんが受賞した。

【その他の写真】

一等賞には、重慶師範大学の張●(●=王へんに月)さん、南京農業大学の汪◎(◎=女へんに亭)さん、嶺南師範学院外国語学院の姚紫丹さん、西安交通大学外国語学院の向穎さん、山東財経大学の陳謙さんの作品が選ばれた。このほか、二等賞15人、三等賞40人、佳作賞95人が選出された。

今回で第10回目を迎えた「中国人の日本語作文コンクール」は、日本僑報社と日中交流研究所が主催するもので、日本外務省、文化庁、在中国日本大使館、NPO法人日中交流支援機構などが後援、株式会社ドンキホーテホールディングスと朝日新聞社、東芝国際交流財団が協賛した。

応募作は史上最多の4133篇で、参加団体数は196校に上った。日本僑報社では50篇以上の団体応募を行った38校に「園丁賞」を授与。うち7校からは100篇以上の応募があった。
今回のテーマは「ACG(アニメ・コミック・ゲーム)と私」、「公共マナーと中国人」の二つで、いずれの作品からも、次世代の中国を担う若者たちが前向きで柔軟性に富んだ考え方を持っているということが感じ取れた。

日本大使賞に選ばれた姚さんの作文「ACGと日中関係」は、姚さんが14歳の頃に「ガンダムSEED」というアニメを見て戦争の意義について考えたというエピソードを軸に、今の日中関係について「関係悪化の原因は政治以外に、双方の理解不足も原因の一つだと考えます。中日戦争の暗い影の下で、日本人全員が悪いと思っている中国人は少なくないでしょう。しかし、これは事実ではありません。現在、中国人に人気がある日本のACGには、このような誤解を解く力が秘められています。好きなACGについて話し合いながら、相手国の姿を確認し合う、これは新たな文化交流の形になるかもしれません」とし、「『ガンダムSEED』のラストのように、永遠の平和を祈ります」とまとめている。

この受賞作も収録されている第10回の受賞作品集『「御宅(オタク)」と呼ばれても』は、12月初めに東京で出版される。授賞式及び受賞者のスピーチ大会は、12月12日午後、北京の日本大使館で開催される予定。(翻訳/北田)